オフィスレディたちの良からぬ妄想が
暴走する丸ノ内線「赤坂見附」
そんな電車の中で、
まさかの”トキョめきガール”と会った。

電車で座っていたボク。

dc011121-s

ドアが開いて入ってきた女性は、
ボクの反対側に背を向けて落ち着いた。
黒と白のキレイなコントラストが
視界の隅にチラつく。

「まあ、ちょっとくらい見てやるか」と上から目線で見てみると……
白いカッターシャツに黒のタイトスカート。

「良いね!」

ボクの中ではけっこうポイントが高い服装だった。
さらに、スタイルも抜群、
いやグンバツにバンツグだ。
後ろ姿だけなら米倉涼子並み(「甘えない人。」ステビアの頃が一番好きだった)

ボクは「虐殺器官」という今、
ハマっている文庫を読んでいるフリして、
チラチラ見る事を固く心に決めた。
すると、彼女がタイトスカートのポケットに手を入れたのだ!
「それが、どうした?」みたいな人もいるだろう。
でも、ボクは女性がタイトスカートに手を滑りこませる瞬間、なぜだかドキドキしてしまう。

パツパツだったあのタイトな生地のどこに
あんな隙間があったのだろう?
不思議でしょうがない。
できれば……なんて書いたら公序良俗的に違反なので書かないが、”できれば”である。

タイトスカートのポケット。
不思議な隙間にトキョめいた……。

でも、見ていたのは一瞬だったし、
それ以降はまた文庫に目を移さざるを得なかった。
だって、鉄道警察が怖いからね。


サプリメント久松