080627_1.jpg 今週、季節外れの高熱に倒れ、やりたい 取材ができませんでした・・・ので、 ストックネタでお茶濁し、、ゲホっ(^^; ずいぶん昔に造られて、今なお現役の風景 たちをご紹介。 まずは恵比寿南橋、通称「アメリカ橋」です。 (恵比寿駅ガーデンプレイス口まん前) 諸々の資料によると、1904年の米・セント ルイス万博に展示されたこの橋を、旧国鉄 が買取り、1926年この場所にモデル鉄橋 として架橋した云々とあります。 たもとにサビサビのプレートがあります。 「AMERICAN BRIDGE COMPANY」 「1906」と刻まれてます。輸出した年か? ひと昔前は、おしゃれスポットだったらしく いくつかの歌謡曲にも歌われています。 「狩人」も歌ってたなあ。。。

080627_1.jpg 次は、コレ。 恵比寿駅東口から広尾(都心)方向へ下る 坂道に、石畳が残っています。 もともと、明治末年に当時の日本麦酒 (現・サッポロ)の工場からビールを出荷 するための専用貨物駅として開設された のが「恵比寿駅(ゑびす駅)」のはじまり。 恵比寿駅から東京市中心部へ重たい 貨物を出荷するために、いちはやく舗装 されたのが、この坂道だったのです。 この坂を下った先には、通称「ビール橋」 こと恵比寿橋があります。 今日も、いろんな車にびしびし踏まれ 続けている石畳ですが、 いったい、今までどれだけの人や車や 荷物が通り過ぎていったのでしょうね…


080705_3.jpg 【今週のおまけ】 アメリカ橋の近くにある「あそびば」 10円玉入れてゴールまでうまく転がす ゲームとか、まあとにかく懐かしいのが いっぱい。ジュークボックスなどもある。 知る人ぞ知るお店なので、詳しくは 紹介しませんが、興味ある方は一度 のぞいてみてください。