さて、中です。 classic2.jpg 名のとおりクラシックで良い感じですね。 classic6.jpg でもテーブルや椅子が傾いてます。実際その場にいたらけっこうな角度なんじゃないかと思います。ユウジさんも割と必死な形相で「床がこんなんなってるんですよ!!」と言って斜めになっているジェスチャーをしていましたし。というか、床が傾いてるだけじゃなくていろんな伝説を作っているんですよ、この喫茶店は。外見はともかく中身はかなり良い味出してる喫茶店です。 でも、実はもう無いんですよね。凄く行ってみたかったなぁという想いでこのコラムを書いてるわけです。写真も人のです。ちょっと変えてるけど。 今はというと classic4.jpg こんな状態です。 取り壊す前はドアのところに 「先代美作七郎が戦後まもなく喫茶店クラシックを開いて以来、長年にわたりご愛顧いただきましたが、当店は1月31日をもちまして閉店いたしました。 先代以来のご愛顧に感謝の気持をこめお知らせします。 平成17年2月15日 喫茶店クラシック」  と書いた小さな紙が貼ってあったのだそうです。 私のうろ覚えな記憶では、2005年の秋頃までは建物がそのままでした。そういえば何か小さな紙が貼られていたかもなぁと思い出すと、思い入れなんて大層なものでは全くないのですがなんだか寂しい気持ちになります。 先代の美作七郎さんが亡くなった後は娘さんが後を継いだそうですが、娘さんが急に亡くなられてからは跡継ぎも遺言も無かったのでしばらくは国が所有していたようです。後を継ごうとした人がいたそうですが余りにも高額だった為に購入を断念したそうです。残念な話ですが75年もやっていたんですからアッパレってなもんですよね。大往生です、お疲れ様! classic3.jpg 1929 世界大恐慌 1930 中野『クラシック』開店 1931 満州事変   ・   ・   ・   ・ 2005 中野『クラシック』閉店