お茶の水は、けして家の近所でもないが、
僕の住む町から出かけるには交通の要所に当たる。

品川や銀座、皇居周辺へと抜ける時に、
お茶の水は、本当によく通る場所になる。

飛鳥山を上り、本郷の東大の前を駆け抜けて、
お茶の水の駅を通過するときに聖橋から中央線のホームが見え、
靖国通りに下る坂の途中には、ニコライ堂という荘厳な教会がある。

本郷通りを上るルートは、
お出かけの定番の景色として
幼い頃通った事をよく記憶している。

その道は大人になった今でもよく通る定番の通り。

でも、未だにお茶の水について
ほとんど何も知らないことに気がついた。

その一つが、文化学院の校舎。

今月取り壊しのニュースを聞いて この建物を知り、
慌ててカメラを持って出かけたのでした。



この学校の創設者である西村伊作氏の設計による建築。
1937年(昭和12年)に完成したものだそうだ。
アーチ型のエントランスが本当に美しい。
絡まる蔦もこの校舎の歴史を感じさせてくれる。






この日、中庭では工事業者が取り壊しの準備をしている様子。
ケタタマしい音を上げている。校舎の悲鳴が聞こえてくるようだ。