西に巨大な廃墟島があると聞いて長崎まで旅立ったのは、
卒業を控えた大学4年の夏。
長崎の軍艦島で作品を制作をした。

あれからもう五年になる。
いま思うと遠くばかりに目がいっていたみたい。

でなければ、
自宅から徒歩で行かれる粋な赤煉瓦倉庫を
長崎に行く前に知らないはずが無い。
ましてやここを知ったのは今月の事ですから。


工廠(こうしょうと読む)と呼ばれる軍事工場がだったそうだ。


北区周辺には戦時中たくさんの赤煉瓦の工廠があったが、
戦時の爆撃も、戦後の解体も免れた工廠は、いまではこの一棟だけ。



図書館建設のために取り壊しの噂もあり、
今後保存に向けた運動が盛り上がってほしいと切に願う。
名も無きまま、放置しておくには惜しい。立派な文化遺産だろう。





年季を感じるレンガ。


こっそり中も覗かせてもらった。



レトロを書き初めて、
20年以上も住み続けている地元の情報に
あらためてアンテナを張るようになった。

まだまだ家の近くに面白いものがあるに違いない。