神楽坂といえば、日本情緒が溢れる街でありながらフランスのような雰囲気も持ち合わせる上品な街、というイメージを持っている。

しかし訪れた日はゴールデンウィークの真っ最中。人ごみでそんな雰囲気を味わう余裕はなかった。汗ばむような陽気の中、ふらふらしながら坂をのぼっていく。

神楽坂は石畳の路地も素敵なのだけれど、今日は狭い路地にまで観光客があふれていた。路地散策は諦め、ひたすら神楽坂をのぼり、毘沙門天を過ぎ、目的地である「マンヂウカフェ 麦マル2」というカフェに向かう。

満席だったけれどなんとか入り込むことができた。古い日本家屋の二階の座席、女の子3人組と相席だった。ひとりでのカフェでの相席はちょっと落ち着かない。だって、相席の客の話をものすごく聞いてしまうから。

「カロリーメイトのCMに劇団ひとりっていらないよね、荒川良々だけでいいよね」
「ところで劇団ひとりって結婚してるの?」
「劇団ひとりってどこの劇団だっけ?」
「シンカンセンじゃない?」
「シンカンセンは古田新太でしょ?」

彼女たちは、劇団ひとりのことは知らない(そしてあまり好意を持っていない)のに、古田新太が「劇団☆新感線」であることは知っている。私は劇団ひとりが好きなので、ちょっとしょんぼりしてしまった。

ところでこのお店は、店名のとおり「まんじゅうカフェ」。うぐいすあん入りのよもぎもちとブレンドコーヒーを注文した。最近好きな和菓子とコーヒーの組み合わせ。さっぱりしたまんじゅうと、酸味がさわやかなコーヒー。よもぎってなんだか懐かしい気持ちになる。

昼下がり。開け放たれた窓から風がそよいでくる。まんじゅうをもぐもぐほおばりながら、のんびりした時間を過ごした。   

mugi204.jpg
 

mugi203.jpg

mugi202.jpg

mugi201.jpg

マンヂウカフェ 麦マル2
新宿区神楽坂5-20
03-5228-6393
12:00~21:00
水休
http://www.mugimaru2.com