谷中にある「乱歩゜」という喫茶店を訪ねる。

「乱歩゜」の店名の由来はもちろん江戸川乱歩。「D坂の殺人事件」の舞台となった
団子坂も近い三崎坂にお店はある。
坂の途中で、スターバックスコーヒーの袋を持った若いお坊さんとすれ違った。お坊
さんとスターバックス。なんだか格好いい組み合わせだ。

お店の扉を開けると、店内では撮影が行われていた。雑誌の取材のようだ。ラフな
中年のカメラマンに、スラリとした長髪の女性編集者。カメラマンがカメラを向けている
のは、「良介」という名の、乱歩゜の看板猫だ。

良介を抱きかかえているのは、赤いカーディガンを着た魅力的な女性店員。奥では
色眼鏡をかけた老齢のマスターが、温かいミルクを飲みながらコーヒーを淹れている。

レフ板や三脚の合間をぬって席につく。左隣の2人の男性は、顔を突き合わせてひそ
ひそと話している。片方の男性が言う。「明日20万円払います。あとはまだ払えませ
ん…」右隣のお客は老夫婦で、地図を見ながら次は何処に行こうかと話し合っている。

お店の中にいる人たちは皆個性的で、「この中に犯人がいる!」と探偵が言い出しそ
うな雰囲気だ。まさに江戸川乱歩の世界のように。

お手洗いに立ったら、壁にはこんな貼紙が。
「しっかり握って低めのストライク
暴投・変化球はレッドカード退場」

その他にも、マスターが書いたと思われる、不届な客への注意書きが貼られている。
?犯人は誰だ!

ranpo01.jpg

ranpo.jpg

ranpo03.jpg

乱歩゜
台東区谷中2-9-14
03-3828-9494
10:00~20:00
月休