弟が沼袋の病院に入院したので、見舞いに行く。

「沼袋」という地名は、まだ新潟に住んでいたころ、本で読んでいて見つけて、「池袋」
の間違いだと思い込んでいた。本当に沼袋という地名があると分かったのは、上京し
てからずいぶんたってからだった。

商店街の中にある「ミカドコーヒー」に入る。自家焙煎のこだわりのお店で、豆の種類
も豊富。「モカ」「コンチネンタル」という銘柄の横に「円熟」「中庸」という説明が、漢字
2文字で書いてある。親切に解説されているけど、ちょっと抽象的すぎる。そこがおも
しろい。
ご夫婦と娘が切り盛りしている。「中野沼袋店」とあるのでチェーン店のようだが、と
てもアットホームな雰囲気だ。ちょうどランチタイムで、サラリーマンと近所のおばちゃ
んたちでにぎわっていた。

沼袋は、商店街を少し歩いただけだが、町の人の感じが良いなあと思った。喫茶店
の家族の感じもよかったし、狭い商店街で道を譲り合うときにみんな声をかけあって
いた。「おっとごめんねえ~」とか「どうもありがとねえ~」という声がたくさん聞こえて
きた。

ヌマブクロとイケブクロ。やっぱり何か関連があるんじゃないだろうか。なんて思いな
がら沼袋を後にする。

mikado02.jpg

mikado01.jpg

mikado03.jpg

mikado04.jpg

ミカドコーヒー
中野区沼袋4-30-17
03-3388-3149
http://mikado-coffee.com