神保町の柏水堂に行く。

入るとケーキのショーケースがあり、奥に小さな喫茶室がある。レトロなステンドグラ
スと淡い青色のソファ、ハート型の白い椅子。「女の子」が喜びそうな、夢のような空
間だ。
それより気になったのが、紺色のワンピースに白いエプロンをあわせ、紫色のハイソ
ックスを履いた店員さんたち。かわいい!女の私でもどきどきしてしまうよう(「萌え」
ってこういうことなのかなあと思ってしまった…)。
しかも、なんだか楽しそうに笑いながら働いていた。小さなお店の中を、劇場の舞台
のように飛びまわりながら、給仕したり、ケーキを箱に詰めたりしている。

レモネードを飲んでいると、2年くらい前、埼玉の田舎の駅前の小さな喫茶店で、
おじいちゃん講師が飲んでいたレモネードを思い出した。80歳近いおじいちゃん講師
だったが、昔は相当「不良」だったらしい(会ったとき、「大学はどこ?」と言われ、
「S大学です」と答えたら、彼が「ああ、S大学の子ならナンパしたことがある」と答え
たことは衝撃だった)。レモネードを飲むと当時を思い出すと言い、イヴ・モンタンの
「枯葉」を口ずさみはじめた。

隣の席に、おばあさんが座った。かなり腰が曲がっている。プリンをおいしそうに平ら
げ、紅茶を飲み、店員さんに「お酒の入ったチョコレートはあるかしら」と聞き、ウィス
キーボンボンを買った。おじいさんへのプレゼントか、息子へか、それとも…。

hakusui01.jpg

hakusui02.jpg

hakusui03.jpg

hakusui04.jpg

柏水堂
千代田区神田神保町1-10
03-3295-1208
9:30~19:00
日祝休