不思議なことに、銀座は個性的なエレベーターが集まっています。

新旧エレベータを乗り比べしたり油の匂いのするエレベーター。

これまた操作パネルのないエレベーターなどなど。


全部で4つほど、順次ご紹介していきます。

さて1つ目は、「ニコラス・G・ハイエックセンター」のエレベーターです。


2007年にオープンしたこの14階建てビルは、スウォッチ・グループ・ジャパンの

本社であり、グループの各ブティックやカスタマーセンターや、

様々なイベントに活用できるホールまで設けられています。


私はよく知らなかったのですが、あの「オメガ」「ブレゲ」「ブランバン」までもが、

今やスウォッチグループなのですね。


まるでヨーロッパのクルマメーカーの統合を見ているような有様です。

目指すのはこのビルのスウォッチ売場に降りるシースルーのエレベーターです。


dfe39a6f.jpg


毎シーズン、300種類は出るとされるスウォッチの新作を始め、

定番モデルやら、モダンなアクセサリーラインのSwatch Bijoux(スウォッチ・ビジュ)

やら、子供向け時計Flik Flak(フリック・フラック)まで、

日本で唯一ここの売場ではフルコレクションが揃うそうな。


しかしどうなんでしようか? 最近の若者は、メカ物にはとんと興味がなくなったとか。

クルマやカメラや時計業界は、かなり必死の営業を強いられていると聞きますが。


さて1階から地下へ直行するシースルーエレベーターの内側には、

実に2500本もの歴代スウォッチがカーテン状に飾られ、まさに腰を抜かすほどの景観。


63750326.jpg


スウォッチファンならずとも興味津々、心奪われることは間違いなしですね。

乗ってものの数十秒ですが、普通のエレベーターにはないユニークな発想と、

遊び心に満ちあふれています。銀座にできた最先端のモニュメント

次に紹介したい最古参のエレベーターと共に乗ってみたい箱物です......つづく


645f94a7.jpg



【ニコラス・G・ハイエック・センター】


◎中央区銀座7丁目9-18?


◎営業時間=平日 11:00~20:00、日祝 11:00~19:00、不定休