トーキョー喫茶でカライライス(辛来飯)

有名な「ニューキャッスル」が紹介されていたので、その絡みでこんなコラムを。


銀座4丁目角の銀座のシンボル、和光(服部時計店)の時計塔は有名ですが、

銀座にはもうひとつセイコーの四角い時計塔があるのをご存じでしょうか。


正確に言うとニューキャッスル横の中華屋「天津飯店」の真裏に

その時計塔はあります。いろいろと調べていくうちに、

中華屋とニューキャッスルの間には路地があり、その奥に喫茶店があったらしい。


9d847f3c.jpg


その喫茶店が冷房装置を付けることになり、その大きな冷却装置を

屋根の上に載せることとなったとか。


ごつい機械がむき出しになるのは粋ではないと考えられたのが、和光の時計塔のイメージ。えいやっと、周りを囲んで模してしまったということなのでしょうか。



しかし、今見ると時計の針は8時で止まったままですね。

天津飯店は昭和42年からの営業らしいですが、すでに動かなくなっていたとか。


6b8e04f7.jpg


ちなみにお隣のニューキャッスルは、戦後上海から引き揚げて、

昭和21年からココにいるそうだが、やはり針の記憶もなし。


というか最初から動かない時計塔だったのでしょうかねぇ??

まぁ、ミステリーということで、未だに謎のままです。


ここは、まだ昭和の面影が残されている一帯。

そして親分の和光の時計塔は、セイコーの水晶発振装置によって、

今日も1秒足りとて狂わない正確な時を刻み続けています......つづく