ビール好きにはたまらないお店ができました。


銀座コリドー街には、サッポロビールの「銀座 YEBISU BAR」があるのですが、

やってくれましたアサヒビールさん。

トップシークレットで、突然の「エクストラコールド BAR」のオープンです。


cbbb3a82.jpg


期間限定の臨時スペースなのですが、ハテここはなんだったのかしらん??

あれれ、そうでした「鞄専門店の銀座タニザワ」でした。

ビルの改築でアサヒが暫しの間借りなのですね。


それにしても中央通りの路面店、いい場所をゲットしたものです。

訪れたのはオープン当日(5月21日)の6時ちょいすぎ。すでに行列です。


0fd28413.jpg


で、スーパードライは皆さん知ってはいますが、「エクストラコールド」ってなによ??


広報資料によると、1998年、常温の樽生ビールを好むイギリス、

パブの本場で新たな顧客獲得を目指して導入が進み、人気を博している飲み方だそう。

あの生ぬるいギネスを飲む国民がなんでまた? という疑問は横に置いといて。


現在飲食店などで出される樽生ビールの温度は、4℃から8℃と言われています。

ビールをよく飲む最盛期の夏場では、より冷たいビールを飲むことにより、

喉の渇きを癒せるという結果がでているとか。


特に、20代は60%の方が、より冷えた温度を好む結果となっているそうな。

アサヒでは氷点下(?2℃~0℃)で冷やすことで、

スーパードライの特長である辛口」「キレ」「シャープさ」「のどごしを、

よりダイレクトに、五感のすべてで味わうことができるとか。


c3c3db38.jpg


ほ~ら、凍結した専用のドラフトタワーから?2℃~0℃のスーパードライが

注がれていますよぉ。見るからに細かい泡ですね。


飲むほどに、グラスに天使のリングが何層もついていきます。

こりゃぁ、ええわぁ。まさに未体験のうまさですね。


徹底した温度管理。凍結した専用タワーから注がれることで、

エクストラコールドの清涼感をより演出している感じです。


42a9bab1.jpg


ちょっとタワーに触ってみましたが、ちめたい。

それもそのはず、がついていますよ。


注いでもらっているスーパードライの温度は、

店内外の温度表示計でリアルタイムに確認できます。

この日に飲んだスーパードライは、マイナス1.9度でございます。


4c86c821.jpg


ご希望なら、自分で注ぐことも可能だとか。で、さっそくやってみました。

ちゃんとコツを教えてもらえるので、誰でもカンタンですね。

注げば、「エクストラコールド認定証」がもらえます。


64655e0e.jpg


ちなみに、No.1はフィギュアスケートの高橋 大輔選手です。

私は、No.40でした。まぁそれだけなんですが (笑。


db1562ad.jpg


平日は夕方の6時オープンですが、あーた、土日祝は朝の11時半から。

これはもう、いつのまにか「イケナイ昼酒のコラム」ではないですか!! ......つづく





【 アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR 】 


◎中央区銀座2丁目6-3 電話番号=03・3566・2822


◎期間限定=2010年5月21日(金)~8月31日(火)


◎営業時間=平日18:00~23:00、土11:30~23:00、日祝~21:30


※土日祝は、朝の11:30から待望のイケナイ昼酒〈5〉ができます。