既に村雲さんの銭湯コラムでも取り上げられていますが
西荻住民として改めて、2009年5月31日、
58年の歴史を閉じた玉の湯について触れたいと思います。

入口に廃業のお知らせが掲示されて何日か過ぎた日曜日、
中に入らせていただきました。
すっかりお湯の気配が消えた、玉の湯。

09apr1301.jpg外観も内装もよく手入れされてぴかぴかだけど、
ご主人曰く、配管はそろそろ限界。
でも、修理となるとン千万円かかってしまう...
そんなおり、皆さん相次いで体調を崩されたそうで、思い切って店をたたむことにしたそうです。

そう決意したのは、ほんとうに最近のこと。
ペンキ絵も下駄箱も、数ヶ月前に新調したばかりでしたから。




開業は昭和26年。
ずーっと西荻住民に愛されてきたんですよね。
私も西荻に越してきてはじめてこの建物を見た時は
「あ、これはいい街だ、よかった~」と安心したもんです。
何度かお世話にもなりました。最近はご無沙汰だったけど...入っておくんだったと悔やまれます

その後はマンションになるとの噂...。
お話をうかがえば、確かに個人での維持は難しいとは思います。
外野が無責任に「残せ」とはいえないです。
でもやっぱり、残念。

銭湯再利用の前例はありますよね...
谷中の古い銭湯をギャラリーにした「スカイザバスハウス
お隣・吉祥寺の弁天湯で開催されるライブ「風呂ロック」(こちらは再利用っていうか、現役銭湯に間借りするイベントですが)


入口のタイル絵はどうなるのでしょう。
とっても貴重なものらしいですね。

09apr1302.jpg






男湯の庭の鯉はお引っ越しするそうです。
元気でね。





古いものが
自分たちの来た道が
どんどん消えて行く。
新陳代謝は必然?
いやーなんにせよ、たくさんの人に愛されていたものがなくなるのは、
単純に寂しいよね。