前、更新した日からいつしか2ヶ月が過ぎてしまっているサプリメント久松です。
こんなに過ぎちゃってどの面下げて、
更新したらいいか戸惑いますが、結局一歩踏み出す勇気、「いじめかっこ悪い」って言う勇気、
0から1へ踏み出す勇気が大切だと思い更新するサプリメント松です。
相変わらずクドイ前フリのサプリメンツです。

100513_0538~03.jpg

明け方の山手通りです。
ちょうど早稲田通りとぶつかる所にこのゴミが落ちていました。

100513_0538~02.jpg

小林信彦 「夢の砦」

本をゴミというのは多少抵抗がありますが、
捨てられているのですからゴミという他ありません。

僕は勉強不足で小林信彦を知りませんでした。

そこで、調べてみると......
情報が膨大すぎて断念しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E4%BF%A1%E5%BD%A6
※興味のある方はチェケラ!

まあ、とりあえず昔の業界人。
すったもんだの賛否両論ある人で苦労した人みたいです。
とりあえず、キライじゃないなというのが正直な感想です。
ちょっと友達になれそうみたいな。
裏切られた経験をバネにして作品に落としこんでいる所も何となくかわいらしい。

そして、「夢の砦」の内容はこんなの。
1960年代前半の東京を舞台に、ある青年の夢と挫折を描いた長篇小説。
主人公のモデルは小林信彦本人。
単純に言うと親友に「ヒッチコックマガジン」誌編集長の椅子を奪われたという話。

悲しいですが、ビッグになろうという人ほどこんな経験をする可能性はあります。
ちなみに、
この本の横には「がんばれ元気」が捨てられていたのですが、
作品の共通点が今イチ見つけられません。
人間はこういう幅広い作品を読んでより複雑な人間になっていくんでしょう。


東京、それはゴミの街であり、
そして、ふり幅が求められる街!!



サプリメント久松