皆様、お疲れ様です!
先日、込み合った山手線に乗ろうとして
まったく人が動かず電車に乗る事が出来ませんでした。
走り去る電車。
ドア付近は込んでいるのに座席付近は比較的空いてるのを見て切なさを感じました。
僕に電車を乗らせないようにする嫌がらせかな~とイヤな気分になりました。
初めて東京の冷たさを感じた日でした。
そんな事よりごみですね。
2回目です。
今度は何のごみを見つけたかというと、コレ!

%E5%A4%89%E6%8F%9B%20%EF%BD%9E%20DSC04429.jpg

消火器!いや、
こんな山手通り中野坂上駅あたりの路上に
%E5%A4%89%E6%8F%9B%20%EF%BD%9E%20DSC04431.jpg

%E5%A4%89%E6%8F%9B%20%EF%BD%9E%20DSC04432.jpg

ポイ捨てされているようなモノはもはや消火器とは言えない。
ただのゴミです。
でも、
もしかしたらこの消火器は意味があってここに置かれているとしたら、
まだ立派に消火活動できるとしたら?

こんな路上で火事が起きる訳ない!と安心している
東京都民たちへの危機感を促すために置いてあるのでは?

そう考えると何だかこの赤いレバーのついたタダの鉄クズも
意味があるように思えてきました。

いや、しかしよく考えてみると
仮にこの場所でボヤがあって地域住民が
「そういや、あそこに消火器があったよ!こんな時のために
あそこに置いてあったんだ、ビバ東京都!」
てな勢いで使おうとしてもおそらくこの消火器っぽいものは正常に
作動しないように思われます。

だって、何ヶ月もここに放置されているし、
ちゃんと使えるモノなら誰もこんな所には置いたりしないと思うからだ。
いざ、火事だという時にチョロチョロとしか出ない消火器
こんな切ない物はないですし、思わせぶりな消火器は火事の被害者を
怒り心頭にさせる事間違いなし。
その人は消火器を見るたびにPTSDばりに震えだすこと必至です。
思わせぶり消火器はこんなにも切なくて人に怒りを与えるモノなのです。

いらなくなった消火器はちゃんとした機関にリサイクルしてもらいましょう!
「消火器 リサイクル」で検索したら
『株式会社 丸山製作所』
http://www.maruyama.co.jp/m-pro/08.html
こんな所が出てきました。

東京、それはゴミの街であり、そしてリサイクルの街!



サプリメント久松