GINZA SAVEUR


雨が降ったりやんだり。


曇り空のどんよーりとしたある休日。


意外とそんな日は、読書に最適だったりします。




この日読んでた本は、


浅田次郎「中原の虹」第四巻。


これものすごく面白いんですよ。


中国のお話で、実在の人物張作霖をモデルに書かれてるんですけどね。


この張作霖がめちゃくちゃかっこよく描かれているのさ。


もうほんとにかっこいいのさ。


男が惚れる漢っすよ。


しかも最終巻。盛り上がりまくりです。




この最高傑作を


おいしいお茶とケーキでも食べながら、


じっくり楽しもう!!と、


世田谷線に乗り、山下へ。




向かったのは、


駅からすぐのところにある


ギンザサヴール。


(山下なのになぜ銀座??という疑問はおいといて。)




ドアを開けると、


あれ?


あれれれれ?


二階への階段がなくなっている。


お店の方に聞くと、


ええ。もう去年の夏から喫茶はやっていないんですよ。


とのこと。


えーーーーーーーっ。。


そういえば去年の夏以来、来てなかったけど。。


えーーーーーーーっ。。


ショックです。




手作りのケーキと


おいしい紅茶があって、


こじんまりとして、


とてもよい喫茶店だったのですよ。


あらら~。




というわけで1階のみとなった店舗では、


ケーキや焼き菓子のテイクアウトができます。


ここのケーキはベーキングパウダーとか、


マーガリンとか、もちろん着色料なども、


一切使っていない無添加ケーキなのですよ。




せっかくなので


桜のパウンドケーキを購入してお店をでました。




喫茶店がなくなったのは、


残念だけど。とっても残念だけど。


わたしの右手には「中原の虹」第四巻。


うふふ~。




さて。どこで読もう?と、


もう一軒、駅裏にある心あたりのカフェへ向かう。


ほんの少しいやな予感はしてたのですが、


まさかの閉店。。。


日曜日はけっこう早めに店閉めちゃうみたいです。


お店の前にも、日没くらいに閉店とアバウトに書いてある。


うーん。まだぜんぜん日没じゃないけど。


たしかに曇ってて、日は出てないしね。。。




閉まってたのは、


残念だけど。とっても残念だけど。


とにかく「中原の虹」っすよ。




さて。ほんとにどこで読もう?


うーむ。


こんな日はまっすぐ家に帰ったほうがよさそうだけれど。


そうすると夜の用事まで時間が半端になっちゃうなあ。


とりあえず三軒茶屋にでるかと、


またまた世田谷線に乗りこむ。




こういうちょっとついてない日は、


へたに新しいところへは行かず、


間違いのない店に行くべし。べし!


とコーヒーのおいしいカフェへ。




よし。混んでるけど、席は空いてるし、


よしよし。やっと読めるぞ。


とちょっと安心して気がゆるんだのか。。


あれ、春限定のコーヒーがある。


これにしてみようと、飲んだことのないコーヒーを注文。




やっちゃいました。失敗しました。


えらく酸っぱいコーヒーでした。


いや。これはほんとに味の好みによるもので、


たぶん好きな人にはおいしいんだと思うんですよ。


ただ私は酸味系のコーヒーが苦手なのさ。。




さらに極めつけは、


トイレに行こうと思ったら、


いまさっき故障したんです。


とのこと。




あはは~。面白いくらいについてないけど。


いいのさ。私には張作霖がいるから~。




苦手な酸っぱいコーヒーを飲みながら。


迫り来る尿意に耐えながら。


中国の大地を張作霖とともに駆け抜ける。駆け抜ける~。




なんだか変な一日だったけど。


じゅうぶん楽しい一日でしたよー。


あ。「中原の虹」の前編ともいえる


「蒼穹の昴」もおすすめですよ。




後日、ギンザサヴールの

桜のパウンドケーキ、お家でおいしくいただきました。


ほんとにね。材料などちゃんとこだわってるんですよ。


DSCN1192_ORI.jpg




ちなみに原材料、


国産無農薬小麦粉、無塩バター、


きび砂糖、奥久慈卵、国産桜、


北海道産大手忙白インゲン豆




桜が入っていて、


春のやさしい味がしました。








BIO MAISON?


GINZA SAVEUR


世田谷区豪徳寺1-45-11


03-3426-2122


水曜定休


9:30~21:30