去年の秋から、


カメと一緒に暮らしています。


ゼニガメ。


ゼニガメっていうのは、


イシガメとクサガメの子どものことをいうらしく、


うちの子はたぶんクサガメです。


DSCN0806_ORI.jpg




カメって距離感がなんだかいいですね。


犬や猫みたいに、べったりじゃなくって。


さみしがったりしないし。一人でいても楽しそうだし。


一人暮らしにはぴったりな仲間です。




でも友人にゼニガメが家に来たんだよ。と話すと、


たいてい「なんでカメ??」とか、


「カメかあ。カメねえ。


 それ男子に言わないほうがいいよ。モテなさそう。」とか、


さらには、


「陸ガメならわかるけど、なんでゼニガメ?」とか。。。


さんざんなことを言われます。




ゼニガメ。だめですかーーーーー??




このかわいさは、


ゼニガメと一緒に暮らしてないとわからないのかなあ。。。


あとは一応カメも、爬虫類なもんで、


それで苦手!!という方もいるみたいですね。




いままでカメが何類かなんて気にしたこともなかったのですが、


ずっと見ていると、なにやら爬虫類らしきかんじがすることもあります。


もともとわたしは爬虫類が苦手ではないタイプなのですが、


水底をズズッと平べったいかんじで進む瞬間など、


なんというか、背筋がゾゾッとするかんじがします。




かといってそれが気持ち悪いってわけではありません。


こんなにかわいいのに、ゾゾッとさせるなんて、


やるじゃないか!!ってかんじ!!




それはともかく。


ゼニガメの子どもはとても臆病です。




それがようやく慣れてきたかな~というころ、


水カビという皮膚病になってしまいました。


これはイソジンを皮膚に塗って治すのですが、


それが相当イヤだったらしく。。


わたしを怖がるようになってしまいました。。。


ごはんをあげるときだけは、


喜んで手から食べるのですが、


そのほかのときはけっこうびびってます。。。




いままでは目が合うと、じーっと凝視されたのですが、


いまでは目が合うと、そーっとそらされて、


反対側へそろりそろりと去っていきます。


あたかも、あら、いらっしゃったんですか?


ぜんぜん気付きませんでしたよー。という風に。


これ、苦手な人に接するパターンですよね。。。




うーむ。


この懐いてこないかんじが、


またなかなかおもしろい!!


カメは20年とか30年とか生きるらしいので、


ゆっくり仲良くなればいいかなあと。




まーったく世田谷線に関係なくてすみません。


うちのカメ自慢でした!