本場イタリアには「スパゲティ・ナポリタン」はない。

アルデンテなんてカタいことはいわない日本独自のメニューだ。

しかし、イタリア料理でないにもかかわらず、あらゆるイタリア料理の中でもっとも有名?という、そんな圧倒的な存在感がある。

給食や弁当のおかず、家庭での洋物メニューの定番として子供のころから刷り込まれた記憶がそうさせているに違いない。

少し大人になって喫茶店(いわゆるサテン)に行くようになると、そこにも必ずピラフやカレーを従えてこのナポリタンは必ずといっていいほどメニューの中心に君臨している。

そこではタバスコを振って、子供のころとは違うプチハードボイルドを勝手に感じたりしていた。

「あぁナポリタン食いてぇ」

となったらカルボナーラとかぺペロンチーノなど他のパスタでは代用が効かない。

そんなときは迷わず、なつかしのサテンへ飛び込むべし。

席に着くなり「ナポリタン」と第一声。

「ドリンクは?」の返しにひるむことなく、間髪入れずに

「ホット」

初めての店でもこのやりとりがスムーズに出来れば、常連ではないというコンプレックスから逃れて、純粋にナポリタンを楽しむことができる。

haccho2-19-6coffeBELL2.JPG

あとは時間の許す限りマンガを読むもよし、一服つけるのもよし。

ということで6月一発目の「もんど、セレクション」は【珈琲ベル】(八丁堀2?9?16)。

厨房にある出入り口は同じ建物の2階にある雀荘へのショートカットにも使える通用口だ。

haccho2-19-6coffeBELL1.JPG

なんだか学生時代を髣髴とさせるこのパッケージに思わず笑みが漏れてしまうのである。

ボケ気味のメニュー写真なれど、決して味がボケているわけではない。

きっちりとエッジの効いたケチャップ味でとことんナポリタンを堪能えきること請け合い。