道路には住所がないことを皆さんは知っているだろうか。

言われてみれば、それもそうかな、と思う他愛もないことだ。

ところがその住所がないはずの道路に住所らしきものが存在する場合がある。

たとえば【銀座インズ】。

一等地を走る高速道路の下がテナントビルとなっている。

そのため、便宜的に【銀座インズ】には住所がある。

「中央区銀座西2?2先」

そこで本題。

八丁堀にもちょっと似たところがある。

といってもこっちは公園だ。

【宝橋北東児童公園】。通称【楓川宝橋公園】

【銀座インズ】に習って便宜的に住所をいうなら「中央区八丁堀西2?2先」。

もちろん、正式なものではない。

この児童公園、首都高にかかっている宝橋上にある。

橋上公園といってもいい。

ところが、「児童」とは名ばかりで、近くのサラリーマン愛煙家の紫煙をくゆらす絶好の空間となっている。

日和がよければOLがお弁当を広げることもある。

そんな児童公園のベンチはイケている。

梶井基次郎もびっくりのレモンチェア。

ビタミン不足にはもってこいだ。

DSC04252.JPG

ファイバーを補うにはバナナベンチがオススメだ。

DSC04253.JPG

ほかにアップルスツールがあるのだけれど、地元在住のフリーマンがくつろいでいたので、撮影は遠慮させてもらった。

ということで今日の「もんど、セレクション」は【楓川宝橋公園】(八丁堀西2?2先)。

フルーツ不足時の休息にぜひどうぞ。