なんで朝市?
朝市、いつから好きなの?
友人知人、ワッショイ仲間にも、聞かれます。

海も山も近くない、2番目の都会育ちで、
朝市は旅先のもの、
私には特別なもの、でした。

トーキョー、街歩き。
市場(いちば)ってのがたくさんある!
ええっ、無人の野菜販売所もある!

仕事柄、トーキョーにはよく来ていましたが、
行くところは渋谷やら新宿のいかにも大都会で、
それが私のトーキョーでした。

住むようになると、
確かに大都会ですが、緑もたくさんあって、
通うのとは違いますよね。

ひとり暮らしで料理もけっこうするので、
散策しつつ市(いち)冷やかしたり、
無人の野菜販売所で買い求めるようになりました。

無人販売、って、よく考えたら凄いですよねえ。
ロッカーのようにお金を入れて開けて出すのもあれば、
「お金、ココ」と小さな貯金箱と野菜や花たちが置かれているものもあります。
信用してんだなあ、ってのが、凄いし、なんだかほっこり嬉しくなります。

五日市街道、吉祥寺近くによく買いに行く無人販売所があり、
タマゴと苦くないサラダ向きのゴーヤがあるといいな、と向かう午後のミドリ号。

反対の道にこんなの、見えまして、

midori kuri

え、なんじゃ?ここは普通の(とは言ってもかなり豪邸)お家。

道路を渡って、近づいてみると・・・

midori kuri2

こんなの出してるくらいだから、思い切ってお邪魔してみよう。

midori kurikanban

ミドリ号を押して入ります。
本当に広く手入れの行き届いたお庭、
いいのかしら、ドキドキと進んでいきます。

あ、納屋のようなところに人が。
「こんにちわ、あの、栗を・・・」
「まあどうもどうも、いらっしゃい」
とてもステキなご夫婦です。
さすが、こんな豪邸に住んでいらっしゃる上品さで、身分の違いを感じます。

奥様と旦那様、そう呼びたくなってしまいます。
奉公に来た娘(そんな年齢とっくに超えてますが)な気分です。

「もうこれで最後なんですよ」と小さなサイズの栗がふた袋に大きなサイズがひと袋。
今朝、拾ったばかりなんですって。
わー、本当に買えるんだ。
ツヤツヤです。
小さなサイズ、でも十分大きい。
大きなサイズは、大き過ぎない?って大きさで、1200円!高過ぎない?と諦めて、
私は小さなサイズ購入、500円。
真ん中サイズが一番人気ですぐになくなるんですって。

「栗ごはんも良いけど、昨日はカレーに入れてみたら美味しかったのよ、お薦めよ」
へええ、カレーは本当にその懐の広さよ、試してみよう。

「おう、栗の木、見て行って」と偶然来ていたという庭師さんが出てきてくれました。

ええっ、良いのかなあ、と思いましたが、
旦那様がお庭を案内してくれました。

今の栗は「大峰」ってので、早い時期にできる、少し小ぶりのもの。
来月の終わりには「利平」ができるですって!
栗に詳しいわけではないのですが、その名前は知っています。
「利平」栗は栗の王様、
あまり市場(しじょう)に出ない、上等ものだと聞くので、けっこう、興奮。
来月も来なくては!
さすがにイガも大きいです。

rihei

この緑が茶色くなって、ポロっと落ちたら、拾って、いただきます、栗。
子供だけじゃないんですね、栗拾い。

midori kurihiroi

やっぱりイガはイガイガ。
こんな感触、久しぶりでやっぱり痛かった。

この広いお庭には、何本もの栗の木、蜜柑に柿に枇杷の木も。

枇杷は小学校にあって、放課後採って食べてたなあ、などと思い出したりして、
思わぬ今日の出会いに、温かくなりました。

「またいつでもおいで」

市場(いちば)の原点、ってこうゆうことでしょう。
作り手の顔が見えて、より美味しく有難く、たくさんの栗たち、どう食べようかしら。

midori kurimiyage

というか、
栗の調理の仕方、わからんぞ。
でも絶対に栗ごはん、それから甘露煮なんて作ってみたいな。

なんて思いつつ、にやけつつ、
ほんの20分前よりも随分と足どり軽くミドリ号を走らせていると、
「ワッショイ、ワッショイ」

midori mikoshi

お神輿です。

秋なんですねえ。