道東旅行のお土産 に、ホッケにタラバを購入したのだけど、
旅行中も散々、魚介類を食べていた。

よく飽きないもんだ、と思うけど、本当に飽きないんだもの。
何を食べたか備忘録・・・地元ならではのレアな物をピックアップする程度で。


【網走にて】

回転寿司 かに源 で、 タラバ外子 や 蛸の子 。

resize1302.jpg resize1305.jpg

珍しいネタはそれなりにあったけど、他のネタも合わせて、フツーの回転寿司であった。。。


【知床にて 一日目】

最初の夜は、ちょびっと観光客が多いお店で サンマ刺し と ホタテ刺し、 そして 真ホッケ 。

resize1341.jpg resize1343.jpg

北海道もこの時期はサンマがいっぱい捕れるのだろうか? しかも、かなり旨い。

ちなみに、サンマの頭を刺し盛りに飾るのは珍しい・・・これって食えってことか?
と思い、「揚げてください」と大将にお願いしたら、「そこまで食べるの?」ってな感じで苦笑された(汗)。

resize1345.jpg

一応、やってくれたけど、サンマの頭はホントにタダの飾りつけのつもりだったんだろうか。

そして、昼食べたのに、〆に寿司盛り合わせ 。

IMGP1169.JPG


【知床にて二日目】

昼はまたもやお手軽寿司屋へ行ったのだけど、夜も寿司系へ。
というか、うらやましいと言われようが何だろうが、知床はそんなお店しかないのだ。

でも、この晩は隠れ家的な良いお店を見つけた。
八重桜 と言い、もともと知床のホテル板前さんだったのが、地元に独立したんだとか。

resize1393.jpg

お店は、一軒家の「日本料理」的な清潔さあふれる感じ。
しかも、一日目に行ったような観光的なお店ではなく、地元客が馴染みで来ている親身な雰囲気。

カウンターに通してもらったけど、地元のお客さんも親切で優しい。
色黒さと元気いっぱいな感じからして、漁師さんだったのかな。


刺し盛り に、また 真ホッケ 

resize1395.jpg resize1396.jpg

真ホッケは、2夜連続でも飽きないのだ。しかも昨晩のより、ジューシーで旨い!!
やっぱ地元に愛されるお店は、何かチガウ。

そしてマグロを始め、お刺身がものすごーく美味しいのにビックリ。
旨いマグロなんかは全部築地に行くと思ってたけど、トーキョーで旨いお店とさほど変わらない味わい。

大将に産地を聞いてみたら、全部北海道産なんだとか。
特に今年は例年に比べて、北海道での旨いマグロとサンマの水揚げ量が多いらしい。


ここで気分良く頼んだ日本酒は しれとこの水 と 知床 幻氷 、どちらも純米吟醸。

resize1400.jpg

幻氷はちょっとアルコールが鼻についたけど、しれとこの水はなかなか。
何より、こういう所って「普通酒」が置いてあるイメージなのに、全部「純米」というのが嬉しい。
お燗にはできなかったけど、こんな地酒が飲めるのも滅多にないということで。

そして、また〆に 寿司盛り合わせ 。

resize1401.jpg

うーん、やっぱりお寿司も昨晩よりウマイ! (比較しちゃってゴメンナサイ)
こういう時、連れとはまったく好みが違うのが、たまに役に立つ。取り合いにならなくてイイ。
(私は、ウニ・イクラ・サンマ・つぶ貝♪)


【羅臼にて】

まぁ、ココも観光地化されて有名らしいけど 純の番屋 というお店にて。

resize1414.jpg

店内は「北の国から」にまつわる物がたくさん。
あ・・・吉岡秀隆と内田有紀の結婚式の写真がまだ飾ってある・・・良いのかな(汗)。

それはさておき、ここで食べたいものは決まっていた。 
トドの刺身 と 幻というぶどうエビ 

resize1419.jpg resize1418.jpg

ぶとうエビは、普通のボタンエビくらいの大きさ。
そして、時価にて 一尾1200円 。高いけど・・・高いけど・・・(涙)。
お店のおばちゃん曰く 「ぶどうエビは “ロマン” ですから!この機会に是非!」 。

ロマンの味は、【甘エビ×3くらいの甘さ + ボタンエビ×2くらいねっとりした旨さ】 って感じ。
とはいえ、二人で半分こしたので、ほんの一口・・・じゃあ味もよく分かんないや(汗)。


トド刺しは、最初は凍った状態で。
シャリシャリしてて食感は面白いのだけど・・・んーー味がしない。

溶けてこれば、もっとクセが出るかな?と思っていたけど、すっごい血が滴ってくるワリには、結構フツー。
ま・・・一回食べればいいや。


そして、3日連続の 羅臼産 真ホッケ も注文。ホントに飽きない我々。


【阿寒湖にて】

おいしくないけど自動的についてくるホテルの夕飯は、写真に収める気もせず。
でも日本酒はちゃっかり。

resize1459.jpg

場所の名をとり 阿寒 純米生酒 と書いてあるけど、千歳鶴 の酒蔵さんが造っているらしい。
これもちょっとアルコールがつーんと来るなぁ。


【帯広空港にて】

行きは女満別だったのに、帰りはなぜか帯広空港・・・。
夕飯を空港内にて食べる際に、最後の日本酒を。

resize1497.jpg

これも場所にちなみ 太平源 という銘柄だけど、またもや 千歳鶴 という表記が。
ふぅーーむ。色んなとこで、色んなお酒を造ってるんですねぇーーー。


と、まぁ、なんだか書いてても、食べてばっかじゃん!と思う食紀行ですが、
食以上に、巡った大自然には感動しまくり、本当に素晴らしかった。 

目の当たりにした地球の大きさに、
ちんまりしたトーキョーでちんまり働いてる自分が、この大自然の中では本当に小さく感じた旅でした。


(後日付け足し)
でも、一生懸命、みんな生きてるんですよね。
その一つの生命力は、地球と同じくらいの大きさなのかな。。。
おじいちゃん、ガンバレ。(分かる人にしか分からなくてゴメンナサイ)