前夜祭で鋭気を充填した翌日の夜は、いよいよ なごや純米燗!


今回は静岡から、「新たに日本酒のお燗にハマっている」友達を連れての参加。
喜んで来てくれてよかった。


会場に到着すると、早速東京からの友達を発見!
名古屋なのに東京の友達が多い(笑)。


そして、前夜飲んだお店の店主も発見!
この日はスタッフ、浴衣姿が板に付いてかっちょい~。

「まきちゃん、ちょっと待って!」と店主に呼び止められると、なんと素敵なお猪口を見せてくれた。
金城次郎という沖縄初の人間国宝の一家が作ったもの。

「これが国宝の息子ので、昨日のが国宝のお弟子さんのだった。」と。

実は前夜、自分の粗相で、
金城敏幸という国宝のお弟子さんのお猪口が欠けてしまった。

すると「あげるよー。」と言ってくださった店主。
うぅ・・・我が家に家宝が増えました(感涙)。

1resize0925.jpg

お弟子さんのお猪口と、息子さんのお猪口のツーショット。
どちらも沖縄だから海を愛するが所以の魚紋、とってもステキだ。


などと、話し込んでたら、ソッコー友達とはぐれてしまった。
とりあえず決められたテーブルに付くと、すぐに蔵元紹介。
田从のブースには、鳥取から来たY店長も発見!

こうして一度に色んな人達に会えるのは、ホントに楽しい。


尾瀬先生の乾杯に始まると、会場の人はバイキングの食べ物に群がるので、落ち着くまでお酒巡り。

まずは田从のY師匠!
この日は、スタッフとして当てられたこのブースで、酒屋さんの営業トークを披露してくださった。
「香りは嗅がないで味だけで飲んで。なかなかイケるっしょ。」
どうやったら一番美味しく飲めるか、さすがガッチリお勉強済みです。


続いて、久保本家、鯉川、小左衛門、鷹勇、秋鹿、るみ子の酒・・・
他にもいろいろ回って遊んで時間を使っていたら。

バイキングの料理が無くなっている(汗)。

しまった…乗り遅れた…。

と思ったが、今回は 「地酒と合わせてつまむ地元の食べ物」 を用意してくださっているブースもある。

1resize0922.jpg

小左衛門には、菊牛蒡漬 だ!中津川の味、懐かしいなぁ。

鯉川の しそ巻き も、鉄人うすにごりと合わせるとうまいし、
綿屋は、仙台の 笹かま だったり。

こんなツマミばかりだから、各ブースでついつい長居してしまう。
そんなこんなで、いつの間にか会が終了してしまった。


その後。

スタッフでもないのに、蔵元さんや当日ボランティアスタッフの打ち上げに参加させて頂くことに。
ただの飲兵衛なのに・・・ありがとうございます(>_<)!


と、そこで終わる訳もなく、さらに3次会場(蔵元さんたちにとっては2次会場だけど)へと飲みは続く。

場所は車道にある 徐州

1resize0928.jpg

おお!しぶい!
車道のこんなところに蔵元さんオススメの中華料理があったとは、知らなかった~。

当然、添加物は使わない、素材からキチっと料理するお店なんだろうな。
随分と年季の入ったお店だし、時間も結構遅いのに、店内はにぎわっている。

知る人ぞ、の有名店なのか、TV関係者や有名人のサインの色紙がいっぱい。

1resize0929.jpg


さて。
ポイント高い、サッポロ赤星で「かんぱ~い!」と本日三度目。

1resize0930.jpg


ビールを飲みながらしばし待っていると、
「ハイヨ~!おまたっせ!はいはい、オッケーオッケー!」 と、言ってる意味は良く分からないけど(笑)
むっちゃ元気の良い面白いオネエさんが、料理や紹興酒を運んできてくれた。

1resize0931.jpg

動きが活発すぎて、ぶれちゃいます。
「言われてた人数より多かったから時間かかっちゃってさ、ハイ、ごめんね!」 とな。
って我々非スタッフ飲兵衛チームのことかしら(汗)。すみません・・・。

でも、餃子や紹興酒は、本当に美味しい。
おなか一杯なはずなのに、食べてしまうではないか。


3次会でも話は尽きず、ワイワイと蔵元さんや酒屋さん、飲食店さんに飲み手も含めていっぱいお喋り。

1resize0932.jpg 1resize0934.jpg 1resize0935.jpg


でも、こんな楽しいのは、やっぱり日本酒が好きだから。
同じ日本酒が好きな人達ばかりだから。

こういう機会でもないと、こんなに沢山の種類の方たちと一緒に飲めないから、
ホントに貴重な時間を過ごせたと思う。

最初の「なごや純米燗」に始まり、打ち上げ、3次会・・・
最後まで去りがたい、充実した名古屋での1日でした。