麻布十番にある焼鳥のお店で、日本酒もそこそこ置いてある・・・
ということで行ってみた がいがい

gaigai.jpg

入口には、さりげなく 「がいがい」 と書いてあるのみで飾った感じはない。
それでも、知る人ぞ知るデザイナーズレストランのような雰囲気が漂う。


お店に入ると、やっぱりモードな作り。
照明はかなり落とされていて、ガラスとダークな色合いの木とが上手に使われている。
入ってすぐには大きなカウンター、奥にもデートにぴったりな暗めの個室がある。

g-kaunta-.jpg

ちなみに、カウンターの中では店主が1人、焼き物をやっている。
木で作られた広めのカウンター、デザイナーズチェア、間接照明など、インテリアに力を入れているなぁ。


とりあえずのビールを飲みつつ、メニューを注文。

刺身系は 比内地鶏 名古屋コーチン を半分ずつ盛って
食べ比べもさせてくれるらしい!

それなら、両方の レバ を半分ずつ、そして ハツ は一皿でお願い。

と、言ったと思ったのだけど、バイトのお姉ちゃんは注文を取り間違えたのか
ハツ比内地鶏レバ が半分ずつ出てきてしまった。

g-hatu-hinaireba.jpg

まぁ、ドンマイ。
(右)白レバだろうか、かなりトロっとしていて、口の中でとろける。
(左)ハツには置いてある塩をパラパラっとふって食べると良い感じ。


お酒のメニューを見ると、さすが場所柄・・・なのか?!

黒龍 垂れ口 本醸造 1,200円 から始まり 石田屋 5000円・・・。ひょえ~~~~。
十四代各種も 「・・・手が出せませ~~~ん」 な、お値段。

この辺りの銘柄がウリなのだろうか。。。

そういえば、カウンター向かいに座っているオジサマも、社長なのか役員なのか、
とってもエラそう・・・えー・・・コホン、もとい、高慢・・・じゃなくて、貫禄ありそうな感じ。
女性客もなんだかセレブ。

・・・とはいっても、別に私たちが浮いてしまうほど、お高い雰囲気ではないのは
若いバイトさん達がちょっと多いからかな。


まぁ、少々驚いてしまったけど、普通に飲めるお酒もいくつかあって一安心。

まずは 天遊林 特別純米酒 から。

g-tennyuurin.jpg

冷たいのを徳利でいただく。
きちんと最初の一杯を店員さんが注いでくれる心遣いは嬉しいところ。
天遊林の旨味とキレが、レバにも合う。


焼鳥にも合いそうだな~、と思っていた頃に、ナイスタイミングで出てきた。

g-momo.jpg g-bonboti.jpg

こだわり食材であるという 比内地鶏 もも 甲州赤毛鶏 ぼんぼち

ほどよく炭火で脂が落とされた、引き締まったももは、噛めば噛むほど味が出てくる。
ちょっと塩をかけた方がウマイ。
ぼんぼちも、柔らかくて自然に甘い。


次のお酒は 大七 生もと純米 をチョイス。

g-daihiti.jpg

鶏と一緒に飲むなら、この大七のキレもいいなぁ。
友達も 「さっきのより、こっちのがいいね。」 と、気に入った模様、良かった良かった。
この後は立て続けに大七を飲んでしまったっけ。


ちなみに、お燗もできるかな?と
大七をつけてもらえるようにお願いしたところ、OKとのこと。
よくよく伺うと、全種類、お燗してくれるらしい。


さて。
最初に食べ損ねた、名古屋コーチン レバ刺し 。

でもなぁ、やっぱり食べたいなぁーー。
ということで、も一回 比内地鶏名古屋コーチン のレバ刺し 食べ比べ。

g-hinai-nagoya.jpg

左が比内地鶏、右が名古屋コーチン。
色からして違うから面白い!
名古屋コーチンは、なんて鮮やかなピンク色なんだろう。

味も、比内地鶏の方がまろやかだけど、名古屋コーチンはハッキリした味でコリコリ感もある。
どっちかっていうと、名古屋コーチンの方が好みだなぁ。


鶏だけでなく、他のお野菜も、旬の特産品を契約農家から仕入れているという拘りで美味しい。
葉野菜のマリネ なんかが、結構アテにもぴったりなサラダ、気に入ってしまった。

薩摩豚 もなかなかグー。

g-buta-takana.jpg

これは高菜が乗ったものだけど、こんもり盛られていて、お酒にもぴったり。

最後の方は 王禄 あたりを飲んでいたっけ。


気軽しょっちゅう使える、という感覚ではないけど、
何かの記念日に、大事なデートに、接待にいかがでしょう。


[お店情報]
アクセス:麻布十番駅7番出口より徒歩1分
住所: 〒106-0045 東京都港区麻布十番1-3-1 アポリアビル1F
TEL: 03-3586-3335
営業時間: 18:00~翌5:00
定休日:なし
URL:http://www.gaigai.jp/

[飲めるお酒]
田酒
王禄
大七
天遊林
などなど・・・
この辺りが一合800~1200円くらい

黒龍と十四代が激高なのがイタイ










最近、こういうお店に行かなかったから、なんだか久しぶりのような。