「ココに行くならあの熱燗」
「あそこに行くなら魚料理」

と、居酒屋でもお店によって「コレ!」というのが何かあるのと同じように
お鮨屋さんも、「ここならコレ!」というのがあるんだなぁ~、と最近気付き始めた。(おそい?)


人によって違うかもしれないけど、
自分にとっては マグロ といえばココ!というのが 鮨 つかさ さん。

CIMG39370012.jpg


店内にはL字のカウンター、そして奥の方には座敷がある。
ブルータイルの壁のカウンター周りは、
こざっぱりしていて清潔感もあって、和める雰囲気。
前に行った時よりも、ちょっと落ちついて周りを見渡せる。

つかささんは、まっとうなお鮨屋さんだけど
最初はお酒のアテに、おつまみをちょこちょこ、途中からお鮨に切り替えられるから嬉しい。

CIMG39380013.jpg

もっちり銀杏、ちょこっと揚げてあるみたい。
最初のエビス瓶ビールのアテにはぴったり。


「今日のマグロはどんなんですか~?」なんてお喋りしながら、
カウンター目の前の、司さんの手さばきを見る。
ネタケースはカウンターの上にはなく、まな板の上がよく見える。

CIMG39390014.jpg

おお!アレは 脳天 だー!!
ここでは、マグロの中でも 脳天(=頭)が名物なんだとか。

握りやつまみ用のマグロは、この日はちょっと小ぶりで70kgくらいらしいけど
脳天にするマグロ頭は、やっぱり大きくないといけないらしい。
それで今日のは200kg!!でか!!

それに 大間の一本釣り というんだから、
本当に良いものを仕入れているんだなぁ~。


そんな話をしながら、出てきた最初の造り。

CIMG39400015.jpg

平目 ブリ 脳天 の3つ、どれもこれもツヤツヤ。
その中でもブリの輝いていること!!

CIMG39410016.jpg

12kgの大きさというからビックリ。
仕入れて4日も寝かせたんだとか。


お刺身が出てくると、やっぱり日本酒を飲みたくなってしまう。
冷や(常温)でお願い。
普通に「日本酒、冷やでお願いします。」 というと、出てくるのは白鷹。。。

でも、いいのだ。
郷に入れば・・・ということで。


おつまみは、他にも カツオ シャコ ウニ などなど。

CIMG39420017.jpg CIMG39430001.jpg CIMG39440002.jpg

「カツオはまだまだっすね~」と司さん。
でも、ドドンと出てきた切り身は太い!うまい!!

噛めば噛むほど、もちもちねっと~りと、カツオの味わいが口一杯に広がる。
この味は、この太さでないと味わえないのではなかろうか。

シャコもウニも、お酒のアテにはぴったり。
子供の頃は、シャコの殻をハサミでいちいち取るのが面倒臭くて、
しかも茹ですぎの硬いヤツ、というイメージしか無かったのに・・・こんなに美味しいのもあるんだなぁ。


さて。そろそろ握り・・・
に行く前に、アレをまだ食べてなかった!!

CIMG39460004.jpg

脳天スモーク 。 これがたまらなく美味しいんだ!!

最初の刺しと同じ脳天をスモークしているため、
ふんわりと燻した香りと脳天の甘みとのハーモニーが・・・。

つかささんといえばマグロ、その中でも脳天、さらにその中でもスモーク! という感じだろうか。


おつまみは大満足し、あとは握ってもらう。

CIMG3947.JPG CIMG3948.JPG CIMG3949.JPG

アジ サバ クルマエビ

CIMG3950.JPG CIMG3951.JPG CIMG3952.JPG

再び脳天スモーク 穴子 マグロ中巻


中でもサバがスゴイことになっていた。
〆てから4日間熟れさせたものが、2枚付けでより濃厚に味わえる。

司さんが「サバはいいよ!」と自信満々だったのも頷ける。
常連さんに言わせると、マグロだけではなく、シメたものとヅケの組み合わせも得意なんだとか。


キレの良い話方で、下町っぽくいつもニコニコしている司さん。
仕事もキッチリ、テキパキ。
手の動きをじーっと見ていても飽きない。

お安い鮨屋さんではないので、長居すると危険みたいだけど、
もっと常連になると楽しい会話で長居しちゃうんだろうなぁ。


※なお、原則写真は禁止です。今回は特別に・・・。司さん、すいませんでした。


[お店情報]
アクセス:築地駅から徒歩3分/新富町駅から徒歩5分
住所: 東京都中央区築地3-12-1 多喜川ビル1F
TEL: 03-5565-8334
定休日: 日曜・祝日
営業時間:
平日11:00 - 13:30 / 17:30 - 22:00
土曜17:30 - 22:00


[飲めるお酒]
エビス瓶ビール
白鷹
以外は飲んだことがないので、分かりません・・・