なかなか居心地の良い、マジメなお店を発見したかも。
新橋にもこんなお店があったんだなぁ。

新橋駅からも内幸町駅からも虎ノ門駅からも歩いて行けるけど、
賑やかな所にあるワケではなく、電灯の少ない静かなビル街の一角。

日本酒とお料理に拘っているという 矢満一 へ。

yamaiti.jpg

お店はちょうど四辻の角にある。
長屋のような木の壁、開けっ放しの木枠から漏れる人の笑い声と淡い光が、
「なんだか懐かしい感じだな~」と、思わせてくれる。

お店に入ると、なかなか活気的。
意外にもJAZZや洋楽系の音楽が流れていたりする。

カウンター内はその威勢の良いお兄さん、フロアではお姉さんが、それぞれ2人ほど。
外から見たら年配の夫婦がやってるような雰囲気だったけど、店員さんが意外と若くて新鮮。


お連れさんを待つ間、カウンターの一番壁際に座ってビールを飲みつつ店内物色。
カウンターと小テーブル5,6個ほどで、小さすぎず、でも大きすぎず、いい感じ。

y-tennai.jpg y-menu-boad.jpg

右側の壁に吊るされている美味しそうなメニューボードをじーっと見上げてたら、首が痛くなっちゃった。
でも、どれもこれもお酒のアテに良さそう~~。

そして日本酒も、こんな感じに紙でアピール。

y-nihonshu-bira.jpg

ずら~~っと「日本酒がオススメですよ~~」と言わんばかりに張り出されている。


さて、お連れさんが来たところでお料理を注文。
このお店では もつ煮込み に相当自信があるみたい。

y-motuni.jpg

西新橋で一番うまい!(たぶんね、笑)  と、自ら突っ込んでいるくらい。
牛と豚と両方のモツを使っていて、我が故郷(愛知)で馴染みの 「赤味噌仕立て」 とのこと。

でもでもでもでも・・・。

赤味噌というわりには甘いかなぁ?
東京で今まで食べてきたものよりも甘い感じ。

自分は「赤味噌」と言われたらもっと濃いのが好みかも。
でも、自分にとってイチバンは、御徒町のあのお店だなぁ・・・
などと思いを馳せつつ。

だからって、ここのがイマイチという事ではない。
モツにはしっかりお味噌が沁みていて、じっくりじっくりじくり煮込んだのがわかる、
モツ臭さもまったくなく、柔らかい歯ごたえが美味しい。
一味をぱらぱらっとかけると、意外と甘さにマッチして良い具合。


さて、お酒は、今月のオススメ日本酒という いずみ橋 赤トンボ 。

y-otamsesisaizu.jpg

お酒は「一合」と「おためし90ml」の2種類で、これは「おためし」。
みどり色が綺麗にグラスに映る。

いづみ橋の赤トンボは
槽汲みの無ろ過生原酒なのに、濃すぎず、太さは感じるものの、うっとうしくない程度。
なかなかバランスが良い。

ちなみに、日本酒の瓶を目の前に並べるというパフォーマンスは、お店の設計上厳しいみたいだけど
それでも詳細や一言コメントがメニューに書かれているので、わかりやすい。


お刺身は、どれでも美味しそうだったので、
「盛り合わせって、好きなの入れてもらえるんですか?!」と確認したところ、なんでもOK!とのこと。
では、〆サバと、スズキと、あとはサザエさんを!

y-sasimori.jpg

って、おーい。
なんか、リクエスト以外にも、たっくさ~ん盛られてるんですけど。

マグロの赤身と中トロ・・・これが、すんごーーーーくウマイ!
サザエのゴリゴリ具合も嬉しいし、とにかくどれを食べても満足。


海のものが得意なのかな。

y-hoyashiokara.jpg

これからが時期の ほや塩辛 も、鮮やかな色、新鮮な味!


もう一杯、今月オススメメニューの中から 武勇 辛口純米 を堪能した後は、お燗へ。
お酒は全部お燗につけてくれるという。

y-tokkuri.jpg

一合徳利、こういうシンプルな酒器を見ると、
なんとなく「真面目で正直なお店なんだなぁ」と思ってしまうのは私だけだろうか。

秋鹿 超辛口純米吟醸 から入り、 「山」 山廃無濾過 純米吟醸も。

ふんわ~りとお米の香り。
超辛口と書いてあるけど、「いわゆる辛口」ではもちろんない。
キレがあって太い感じで、〆サバなんかにもピッタリ。


お料理は、他にもおもしろそうなものを食べてみよう、と
新じゃが酒盗バター炒めクコの実と松の実チーズ

y-jyagaimo-shutou.jpg y-ti-zu.jpg

酒盗バターって何だろ?! と思っていたのだけど、
ホントにバターと酒盗の合わさった味わいが、新じゃがに沁みこんでいるのだ!
酒盗とかが乗っかっているワケではないけど、おもしろ~い味わい。
これはお酒がクイクイ行ってしまう。

チーズは自家製らしく、クコの実と松の実が埋め込まれている。
でもチーズ自体はフツーーー・・・。
もちょっと小さくても良いから、変わったチーズでやってみるのもいいかも?!


さて、他にもお燗を味わっていると、“さぁ・・・”っと開け放たれた戸から自然に流れてくる風に気付く。
うーん、いいねぇ~心地いい~~。
お連れさんは扇子をハタハタ仰ぎながらお燗を飲んでいるけど、その情景もまた良いではないか。

冬のお燗もいいけど、これからの季節のお燗も楽しみだ!
まぁ、でもやっぱり最初は冷たいのが飲みたくなってしまうんだけど。


22時くらいになると、ラストオーダー。
ちょっと早いけど、ビジネス街のど真ん中だから、そんなもんかな。

奥播磨 山廃純米 を〆に飲みつつ、
「お料理にもお酒にも、真面目な姿勢がにじみ出てて、また来たいですね~」などと話す。

とうとう最後の客になってから、ようやく腰をあげると
「日本酒、お好きなんですね」 とお上さん(というよりお姉さん)が声をかけてくれた。

お酒が出てくるのが遅かった時なんかも、気を遣って何度も謝ってくれたりと、
とっても真心がこもったおもてなし。

なにより、携帯ストラップ を見て 「かわいい~~!!」と反応してくれた事に
大満足!!でお店を後にしたのであった。


[お店情報]
アクセス:虎ノ門駅から徒歩5分/新橋駅から徒歩10分/内幸町駅から徒歩5分
住所: 東京都港区西新橋2-3-8 藤井ビル1F
TEL:03-3592-0086
営業時間 11:30~14:30(L.O.14:00)
     17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:土・日・祝

[飲めるお酒]
時期で変わるお酒で
この日は
いづみ橋・赤とんぼ
武勇
御湖鶴
芳水
あたごのまつ
鶴翔(かくほう)
などなど

ぐるなびに定番酒が載っています。