改めて見てみても、“地酒” と謳っているペンションは、なかなか無いんではなかろうか。

前述の 諏訪街道酒蔵巡り で少し触れたけど、
地酒揃えが良くて料理もおいしいという、奇麗なペンション、

その名も 地酒ペンション ゴリー

「ゴリー」って、はっきり言ってゴリラの事だと思う。
だって、ペンションの入口には、ゴリラの絵。

gori.jpg

そして、玄関に入っていきなり、ゴリラのでっかいぬいぐるみ。

g-genkan.jpg


さらに、何でゴリラなのか。
私が想像するに・・・・・・・・・オーナーがゴリラみたいだからに違いない。 (・・・違ってたらどうしよう)

でもこのゴリーさん、声が太くて一見ゴリラに見えようとも、優しくて面倒見が良い。
奥さん(通称:姉さん)も鹿児島出身の美人さんで、お酒の強さは半端じゃないとか。

そんなお2人が経営するペンションにて、夜は 美味しい料理に地酒飲み放題 だ!


というのも、誘ってくれた先輩がココの常連さんだから。
(普通は飲み放題コースなんてものはないので注意)

その上、この日は我々の貸しきり状態だということもあり、
今までは普通のフルコースだったらしいのだけど、今回は特別に おつまみコース
ワンダホー!!


しかし、さすが慣れたものだ。
酒蔵巡りから帰ってくると、
姉さんは普通に 「料理の準備してるから、テキトーに飲んでて」 と言い放ち、
キッチンへ入っていく。


そうして、我々の夜の宴会は、ぼちぼちスタートした。

まず最初に、やっぱりコレ。

gori-otyoko.jpg

こういうお猪口選びができるのは、日本酒ならではだなぁ。
一個といわず、ちゃっかり二個を取って席に戻る。

そして、まずお酒は、諏訪街道にある横笛の蔵元で先輩が購入した 横笛 純米吟醸 生

gori-yokobue.jpg

試飲したときにも味わったのだけど、ミルクの香りというか後味がする不思議?なお酒だ。
おもわず首を「ん~?」と傾げたくなるような。(いい意味で)


つまみは、なんともアテにぴったりなお漬物から。

gori-tukemono.jpg

これはペンション近くにある 食処 花みずき という漬物屋さんのモノ。

ここの長いもの醤油漬がとっても美味しいのだ。シャキシャキしていて、でもねっとり。
そして、お味噌。これが爪楊枝でちょびちょびつまみながら飲むのに、本当に旨い!
他にも、清里では有名な むうちん漬 がどれもこれも最高。

帰りにお土産として買ったのだけど、これからは花みずきでお土産を買うのが定番になりそう。


さて、話を戻して、続いて出てくる、おつまみのオンパレード。

gori-nagaimo.jpg gori-so-se-ji.jpg gori-hakusai.jpg

全部は撮りきれなかったけど、鍋の料理は白菜と豚肉。
白菜は、最初は鍋いっぱいの量を入れたのだけど、グツグツ煮こんでこのカサになったんだとか。

単純な料理かもしれないけど、だからこそ材料が新鮮で良いものでなければ出来ないことだ。
とっても甘みがあって美味しい。

ソーセージも清里ならではの、ぷりっぷりな出来たてソーセージみたい。


そして、併せていただいた日本酒は、こんなラインナップ。

aea29c79.jpg
gori-hakkaisan.jpg

嘉泉 や “久しぶりに旨い”八海山 、他にも沢山。
ウマイウマイ!と言いながら、みんなでワイワイ話が盛り上がっていると・・・



gori-kosinokanbai.jpg

ドンっ・・・と出てきましたのは 越乃寒梅
うーん。これは冷やで飲むのは憚られる。

ゴリーさん、これは一体・・・?
と思ったが、その謎は段々明らかになっていくワケで。

とりあえず、思いついた先輩が用意したのは、コレ。

gori-yukantokkuri.jpg

真澄にて、先輩とおそろで購入した湯燗徳利、さっそく活用の場が。
これは、お湯を入れる方の器の縁が上に伸びているから、お湯を徳利のぎりぎりまで入れられる。(意味、伝わります?)
だから、なかなか冷めにくいのが嬉しい。


でもやっぱり、美味しいお酒だって飲みたいんだから・・・と思い、
もう一つのお猪口で他のお酒を飲んでいると、またもや不思議なお酒が。

gori-koshu.jpg

賀茂鶴 八年熟成 とは。
なかなか面白いお酒があるな~、と一口。

・・・おや?ゴリーさん、これ、ちょっとヒネかけていません?私の舌がおかしいのかしら。


さらに、チマチマ越乃寒梅を飲んでいると、
「早く徳利空けてね。次のお酒も燗にしたいんだから。」と、言われてしまった。

で、コレ、浜千鳥 純米酒 のお燗。

gori-tidorihiama.jpg

・・・。
いや、決して美味しくないワケじゃないですよ、お燗にすればグーですよ。

でも、もしかして、ゴリーさん・・・


減らないお酒の処理、しようとしてません?!(笑)


って、いえいえいえいえ!
あのお値段で飲み放題にさせていただいたので、お酒の処理班、頑張ります!


さて。
夜の11時半ごろになると、ゴリーさんが 「そろそろ流れ星の時間じゃないかな?」 と言った。

実は、流れ星ってまだ一度も見たことが無い。
お酒も飲んで温まったていたこともあり、上着も何も着ず、みんな 「わーい♪」 と外へ飛び出す。

外の空気はマイナス何度くらいだろうか、キーンと肌に冷たいけど、空気が澄んで気持ちいい。
何より星空のすごさに、寒さなんて吹っ飛んでしまった。
本当にスゴイ!星が落ちてきそうなくらい満天星!!

そして夜空を見上げること5分・・・


キラっと、一筋!
あれだ、流れ星だーーー!!


一瞬すぎて、願い事なんてできなかったけど (フツーできないですよね・・・?あ、だから「できたら願い事が叶う」か)
童心に戻ったように大はしゃぎしてしまった。ほんっとーに感動!


こんな楽しい旅行ができてたのも、誘ってくれた先輩はじめ、ゴリーさんと姉さんのおかげ。
感謝感激。





ちなみに翌日のスノボからは、肋骨と左尻と水下を痛めつつも尾てい骨は守りきり、無事帰還。
って、痛いところ増えてるじゃん・・・