やっと梅雨もあけ、海日和な日々が続いていた。
これだけ暑ければ、海鮮BBQもバッチシだ!!

・・・と思っていたのに・・・この週末の寒い事と言ったら!!
しかも、都内にての集合時には、雨がぱらぱらと。
自称晴れ女としては、この天気はいただけない。実に納得が行かない。

が、そういえばいつも車から降りると晴れるはず・・・。
車や建物にいるまでは雲行きは怪しいが、外に出るとお天道様が出てくるのだ。
それを信じ、海岸にたどり着き荷物を運ぶ。

すると、やはり! 雨があがった。やった!
しかも寒いくらいだったのに、なんだか気温も上がってきた。雲はなかなかハケなかったけど・・・。

sora.JPG

さて。この海鮮BBQの楽しみは、なんといっても海の三兄弟。


3兄弟とは とこぶし サザエ あわび

kyoudai.JPG


トーキョー都内の料亭で食べたら1000円以上はしそうな「とこぶし君」も
地元では、なんと安く食べられることか!

生きのいい「とこぶし君」たちを網に乗せた瞬間の踊りがなんとも異様!!
みんなウネウネと貝から脱出しようとしている様がおもしろい。
イヤ・・・本当はトコブシ君達は熱くて熱くて、もがいているんだろう。
そう考えると可愛そうだけど・・・

美味しいものは美味しいのだ!!


コリコリっとしていて、肝もいい感じに緑色。
うん、ちゃんと昆布の味がする。


サザエさんを食べるときは慎重に慎重に身を取り出す。
最後まで「ぷるんっ」と取れると、これまた爽快。食べてもンマイ!

sazae.JPG

焼きたてで、サザエさんの殻もあっちっちなので、キッチンタオルでつかんでしまった。
一口でパクリ。
ん~~~、うまい!!!
このサザエさんも、良質な昆布を食していたようだ。
ふわ~んと昆布香りが鼻にぬける。


3兄弟の長男のあわび君は焼くのがもったいないのでお刺身に。

sasimikiri.JPG

もちろん我々のような素人ではなくプロ(?)に裁いてもらった。
味付けは天然の塩水。

はぁ・・・なんとうまいことだろう。
こういう肴こそ日本酒に合うというもの。

ちなみに、本日の日本酒。

・・・って、せいぜい海岸近くのスーパーマーケットにあるくらいのお酒なので、
大量のビールをチョイスしたあと、安くてもいっか。というレベルで日本酒を一本購入。
(そんなにお酒に拘る方はいなかったので・・・)

c5c0560d.jpg


菊水 ふなぐち一番しぼり  

太字にしてレポートするまでもないくらいの安いお酒。
しかも、その他の紙コップや紙皿に埋もれて、なんとも存在感の薄い状態(笑)。

冷やす事も燗もできない環境で、ちびちびと海岸で貝を肴に飲むのには、十分ではなかろうか、と。

でも、これが大人気だった。
内心、「だーれもこんな日本酒なんて飲む人はいないだろ~。安いけど一人でいただくか。」
くらいに思っていたのだが・・・やはり平均年齢が高いこのBBQにおいては違った!!

いつのまにやら、日本酒が真っ先になくなってしまったではないか!
おじさま方には日本酒が良いみたいだった。

確かに、飲みやすい甘さではあったけど。


そう、毎年声をかけてくれるこの会は、もともと海大好きなおじさま達の会だったらしい。
そのうち、我々のような若手も参加できるようになった。

でも、この海辺にくると、老いも若きも関係ない。
海岸でわいわい遊ぶおじさま達みんなは、目が活き活きとしている。

魚について、海について、草について、山について、はたまた「こんな怪我をした」とか・・・
そういう自然に触れあうのが大好きなオトナという「子供」ばかりだったから
自分をふくめ、まるで子供に返った頃のようにはしゃいでいた。

夕暮れの満潮近くになると、誰が言うまでもなく、みんなで水平線を眺めた。

15人のみんなが、不思議と水平線を自然と眺める。何分も何十分も。
(という頃に、ちょうど地震が起こったわけだが)

それぞれ思うことは違うだろう。

でも、私はその場がとても心地よかった。
なんとも言えない懐かしい気持ち。

もっと年をとるに連れ、いつの間にか、こんな気持ちを忘れていってしまうかもしれない。
でも私は忘れたくないなぁ。

このBBQだけでなく、もっと昔にさかのぼり
オヤジと海釣りにいったこと。
おじいちゃんと鮎を捕まえにいったこと。
近所のおばあちゃんちでカタツムリを育てた事。
自分ちでとかげを捕まえたこと。
(そいえば、この日もフナ虫を素手で捕まえた。まだ小さいフナ虫だったけど。)

そして、その頃の自分が持っていた原動力を。

トーキョーではそんな環境は少ないけど、ちょっとでも自然を見つけて忘れずにいたい。

と、改めて思ったのでした。