3d57db6f.jpg


私に日本酒を教えてくれたのは、日本酒好きの友人。
あの時の、「目からウロコ」をもっといろんな人に知ってもらいたい・・・。

そう思っている私も、" 一人一人・・・日本酒好きの友達の輪を広げている ” のかなぁ

と改めて実感する。

もともと日本酒を飲みだしたのは私がきっかけだという、その友人、
「新潟に行った時に、ンマイお酒を買ってきたから、一緒に飲も。」
と、家に招待してくれた。

見ると、以前、池袋の  多酒多菜 昔ばなし 別館 で飲んで、心底おいしい!!と感じた

夢山水十割 奥


さらに、私の「飲みたい日本酒リスト」が書かれている手帳にある

村祐


んでもって、その友人の目利きで買ってきたという

斬九郎の全麹仕込み


す・・・スゴイ・・・。
私だって、飲みたくてもなかなか手に入れられないのに、
さっくり、こんなにテーブルに並べられるとは・・・。

いやぁ、持つべきものは  です。

友人宅に訪れたのは、まっ昼間の14時。
さっそく、キュウリと自家製味噌の「もろきゅう」を肴に、飲み始めたワタシたち。
旨い旨い!昼間っから飲める幸せに浸りながら、感想なんぞ、吹っ飛んでいた。

でも・・・思い出してやっぱり一言書いてみようかな・・・。
(書き出すと一言じゃなくなるからイケナイ)

新潟の 村祐 は、表ラベルのみ。
そこには、「純米大吟醸」とか「日本酒度」とか何も書いてない。
というのも、

「お米の類がどうの、精米歩合がどうの、日本酒度がどうのこうの・・・って
 品評会の指標になりそうなウンチクなんか語らなくても、
 飲んでくれる人が ”おいしい” って楽しんでくれりゃ、それでいいんだ。」

っていう杜氏さんの気持ちの表れ。
こちら参照にしました)

友人が買ってきてくれたものは、純米大吟醸クラスだったらしいが
確かに、ウンチク云々なんて見なくても、すんごく旨口でおいしい!!
全然新潟のお酒っぽくない、という印象。

そして、夢山水十割 奥 。
これは愛知県の「尊王」で名前が知れている酒蔵さんが、
試験的に「夢山水」というお米100%で造った純米吟醸。

これを2年前、冒頭にもある 多酒多菜 昔ばなし 別館 で初めて飲んだときは、
ホント~に感激した記憶がある。
でも、このお酒はネット販売はもちろんやってないし、置いてある酒屋さんも数少ないらしく
見かけたことは一度もなかったのだ。

それが目の前に・・・。

はぁ~、昼間から飲む、この至福感&満足感。
本当においしゅうございました。
ありがとう、友よ。

(ちなみに、斬九郎 全麹仕込みは、保存状態がよくなかったのか?
 かなりひねまくっていたので、敢えてここではコメントしません)

そして、がっつり昼間っから家飲みしたこの後、
前述の 酉玉 へ、飲み直しに行ったのであります・・・。