東急東横線、学芸大学駅のホーム。

何気なく通りすぎていたが、物置がイナバだ。

2d96670b.jpg


「やっぱりイナバ、100人乗っても大丈夫!」

あのイナバだ。

堅牢性を示すのに100人乗っちゃったのはあまりにも有名だが、

実は、イナバの物置は2万回の開閉保障をしている。

この2万回保障もウケる。

「2万回げな※。お前、腱鞘炎になろーがって。」と
(※博多弁で「2万回って、そんな大げさな」の意。)

親友が、雑学をひけらかした友達をなぶっていたのを思い出した。



しかし、何を基準にするのだろう。

折りたたみ携帯の開閉テストの回数もかなり多かった

記憶があるが、メーカーのこだわり・努力はすばらしいもんだ。

時に、笑えるくらい。


■稲葉製作所、物置のページ
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/tokutyo/index.html