08-05-31_12-11.jpg
古本のまち、神保町。ジン太もご多分にもれず、古本を見るのが好きなので、たまに遊びに来ます。
三省堂と書泉ブックマート(ブックカバーがかわいい)で新しい本をさらっと流した後、たまにヴィレッジヴァンガード神保町店に言って、そんで目についた古本屋にふらりと入るのが日課です。

すずらん祭りで見つけた本は、いままで見た事ない、きれいでやわらかい絵と文に溢れていました。

こちらのテントは、すずらん通りからさらに九段下方面にまっすぐいったところにある、
art-bookshop&cafe
abc-top.jpg
ロゴがかわいい

手芸の本専門店なのです。

手芸ってあんまりよく知らないんですけど、かわいいですねー。ムーミンとか、北欧の絵本みたい。
店長さん、おすすめはどれですか?

「そうですね、これです!」

08-05-31_12-11~00.jpg

刺繍用のフォント集。日本ではなかなか手に入らない、貴重な本を海外から取り寄せているとか。
レイアウトとかフォントの勉強にもなりそう。夢が膨らむなあ。


公式サイトによると、

私たちの店は、手芸愛好家たちの熱い創作意欲を刺激したり、またヒントになったりする本を、
世界中から集めてどこよりもたくさん販売しています。
手芸の本の専門店としては国内唯一で、手づくり作家のみなさまより熱く支持されています。

私たちは取り扱う手芸本をアートブックと呼んでいます。手芸は人生を豊かに美しく彩るアートだと考えているからです。
 


手芸って、生きる芸術なんすね。
今度、お店にも遊びに行ってみようっと。

08-05-31_15-35.jpg
おまけ チラリズムのさらにチラリズム、なのにこの存在感ったら!