08-05-31_11-51.jpg


すずらん祭りに主婦が集まっている! 
主婦が3人以上集まるところといえば、「おかいどく」があるに違いありません! 

08-05-31_11-46.jpg


おおっ!! 立派なアスパラガス! 普通のアスパラガスよりも大きさも長さも倍はありそう。しかも十本以上入っている。お値段は驚愕の300円!

「いやー売れてますね!」

「そうなんですよーこれ、いつも12時には売り切れちゃうんです」

と、美瑛町観光協会の方。
さすが、すずらん祭りに来る奥様たちはこれがお値打ちだとわかっていらっしゃる。
この大きさだったら、クイーンズ伊勢丹あたりだったら1000円以上は絶対するよ!
もちろん、ジン太も一袋買いました。(多分、香ん乃さんも買ってたような……。主婦センスをもっていらっしゃる。)

08-05-31_11-47~00.jpg


甘納豆もありました。ネーミングがすごい。「人生の甘納豆」

黒うかけますが
豆にガンバリます。


なんて、いいこというじゃないのー。
人生、甘いだけじゃないってことですよね。

まさに俺にうってつけ。豆すぎて納豆くさいってよく言われるんです。

08-05-31_11-47.jpg


ダイズ+ミルク? これは、「スゴイダイズ」みたいな、「大豆」なのかな?
と思ったら、サイコロのほうのダイズ。これはアイスクリーム(新鮮牛乳使用)をフリーズドライしたという、新しいお菓子。これは買って食べてみた。

サクサクして、口の中ですっと溶ける食感が楽しい。味は濃厚な牧場のアイスクリーム。
不思議な食感でウマー。

でも、ネーミングにもうひとひねりほしいところ。「白い恋人」みたいな。
うーん。白……白い… 「ミルクの雪どけ」とかどうかな。「初恋ミルク」とか。
上野動物園名物、「ごりらの鼻くそ」にあやかって、「ははうしの初乳」「こうしの反すう」などと付けてもいいかもしれません(美瑛町さん、どうっすか)


今回、抽選で配られていたすずらんの鉢も、この美瑛町から進呈されたものだというし、すずらんの花言葉の【意識しない美しさ・幸福】のように、すずらん祭りと美瑛町は静かにいい関係にあるんです。


そんなわけで、すずらん祭りの後から、美瑛超観光協会のHPを見て、ぼんやり想いを馳せるのが最近の日課です。丘でくるくる廻りたい。くるくる。


新宿二丁目担当の、ジン太でした!
(アスパラガスはシンプルに茹でて食べました。んまかった!)