ちょっと前に見つけて気になっていた店、『茶番』に出かけた。
茶沢通りに面した覗き窓から店内を見ると、カウンターとテーブルが1つ?
カウンターはどうやら埋まってしまっているようだが、、と思いつつ、店内にはいると、実は地下にも客席があった。

今回は1階奥にあるテーブル席。

まずはビール。アサヒ系のビールが陶製の大振りのビアグラスにて登場。

59ff4b78.jpg


日本のビールはやっぱりつめたいのが基本。陶製のグラスのおかげか泡が滑らかで、ちょっとうれしい。

3d43641f.jpg


今日の肴はゴマ豆腐と焼きナス。
懐石料理の修業をしていた大将らしく、焼きナスは非常に上品な感じで、特製のだしがしみていて非常にウマかった。

8c160155.jpg


こちらは蒸し鶏の胸肉と新玉葱のオニオンスライス。
個人的にはこれが一番ウマかった。単に新玉葱好きだからかもしれないけど。

今回はメニューからいろいろと選んで注文したが、肴のコースがある。
5品、7品、9品、とあり、それぞれ1500円、2000円、3000円。
カウンターには小さめではあるがその日の肴が並べられているネタケースがある。

味はあっさりしたものはさすが懐石と言うほどにあっさりと上品に、こってりした味のものはしっかりと濃い目の味つけ。メリハリがしっかりしているので、食べる人の味覚に左右されるかもしれない。

残念ながら、帰り際にお店の名刺をいただくのを忘れた。ネットで検索しても出てこなかったので、お店の情報はなし、と言うことで。