日本全国夏真っ盛り。
上北沢も夏真っ盛り。
おたつは早くも夏バテでヘトヘト。

どうにかして欲しい。

蝉だけは元気に鳴く鳴く。
「ミーンミンミン」
「ミーンミンミン」



2005kamikitanatu2.jpg
「ミーンミンミン」


蝉は本当に「ミーンミンミン」鳴くのだろうか?
そんなことはどうでもいいのだが、1年前も今年も上北沢の蝉は元気だ。
相変わらず。
おたつは1つ歳を取って29になった。
蝉の寿命は1週間。
おたつは蝉で言うと・・・まだ3日目辺りか。
まだまだだな。

それにしても夏は嫌いだ
体温調節がうまく行かなくて、毎年だるい。

特にこの数日はむしむし続き。
こんな時は冷たいメニューが欲しくなる。

31日(日)のかみきたホイに「フーフー」の美人姉妹(自称)が旦那さん(筋肉マン)とお子さんを連れて来てくれたのだが、近々おたつがワッショイのフライヤーを持って行くことが決定していた。

ま、逆にありがたい。
人に背を押してもらった方が動けるというもの。
ただでさえ猛暑の中では出不精になるから。

4ヶ月ぶりの「フーフー」
時刻は14:30。

いつも昼間は美人姉妹が2人で営業。
大将と奥さんは奥でお休み中(夜の営業に備えて)。

ラーメン屋で冷たいメニューと言えば「冷やし中華」
「フーフー」には10種類くらいの冷やし中華があった。
「じゃん」(ジャンジャン麺の素)の冷やし中華もあったのだが、

「これ辛いですかね・・・?」

「辛いですね。」(即答)

はい、却下。
おそらくおたつには無理。
普通の冷やし中華を注文。


fu-fu-noreimenn.jpg
フーフーの冷やし中華。


ポイントは半熟卵
ごまダレが効いている。
あと、全体的に冷たすぎないのが良い。

店に入る前~入った直後は「体を冷やしたい!」という欲求が非常に強いのだが、ものの10分も経つと落ち着く。
メニューが運ばれてきて半分くらい食べると、もう「冷やしたい」なんて欲求はどこかへ飛んでしまっている。
店を出る頃にはだいたい「寒っ」。
これが常。

だから、メニューはあまり冷えてないのがちょうど良いのだ。

おたつの後に来たお姉さんは、「じゃん」の冷やし中華をぺロッと平らげていた。
やはり女性は辛さには強いのか。

半分くらい食べたところで・・・

「ちょっと食べて欲しいものがあるんですよ。」



fu-fu-nokare-.jpg
フーフーのカレー。


フーフー夏の新メニュー「カレー」
10種類以上のスパイスを利かせた特製のカレー。
大将がこそこそ仕込んでいるらしい。
研究中だから毎日味が違うとか。

「味どうですか?」

・・・。

ん・・・。
さっき「じゃん」の素を貰って、タレに混ぜて食べたところだったので、舌がヒリヒリ辛い。
(分からない・・・。)

お姉さんが「コクがあって美味しいね~。」と言ったので、「美味しいですね~。」と(ちょっと間をおいてから)かぶせてみた。

「美味しいですか?と聞かれたら、美味しいです、というしかありませんよね。」

そう、その通り。
普段あまりカレーを食べないので、コクがあるカレーと無いカレーの区別が付かない。

やはりグルメ批評はできない。

と、そこにもう1つ出てきたのが、


fu-fu-nohayashi.jpg
フーフーのハヤシ。


350円。
カレーも350円。
安い。
「客寄せパンダ」ならぬ
「客寄せカレー&ハヤシ」
上北沢が仕事場ならランチで食べるのにな~。

冷たいものを摂り過ぎると体に悪い。
水は下から溜まります。
むくみの原因はコレ。
夏は意識して汗をかかねばならないのです!

「フーフー」のカレーとハヤシはそう、今まさにむくんでる「あなたに」オススメのメニュー。
ぜひ汗ダラダラ体験してみて下さい!

・・・。

こんな宣伝文句嬉しくないか。