今日は喜多見駅で駐輪場を初体験しました。

今まで駅前でお金を払って駐輪するなんてとっても無駄だって思っていたけれど、
以外にそうでもなかったんだなあと発見。

たった150円で、朝の10分と夜の10分が買える。

この20分って結構大きいと思う。
なんだか社会人やなぁって思って少し寂しいけれど。
気持ちにも何かゆとりができてなんだか一日が順調に進んだような気がした。

駐輪場のおじさんもなんだかいい人そうだったし。

そう。それが嬉しかったのかも。
朝、会社に着くまでにだれかと一言会話が交わせることって大切なことだと思う。

すごくたくさんの人と電車にのるし、顔の見知った他人もたくさんいるけれど、声をかけることはない。
声をかけないから、ちょっとしたことで不愉快な気分になることもあるだろうと思う。

おじさんと、これから毎日同じように顔をあわせ、たまには天気の話とかもして、
いってらっしゃいっていってもらう。
そんな生活に少し幸せを感じます。

ウソみたいって思ってたけど、大人ってこういう世界なんだろうな。