毎日、見ていると気がつかないんやけれど、あるとき、ふっと、気がついた。

へそのごまっていつなくなってんやろう?

いつのまにかへそからごまが消えてる。

てか、ほんまははじめからごまなんてなかったかもしれへん。

そもそもごまじゃないよなぁ。

そんなことを思いながら、今日も新たな発見に胸を躍らせています。


今日はちょっと朝早くに家を出たので、野川沿いを通って出かけた。

いつのまにか、冬になってて、吐く息も白くって、空気が澄んでいるような感じがして、冬を実感する。

朝の川沿いは犬の散歩が目に付く。

なんかきらきらしてて、軽く会釈なんかして歩くと、
ちょっと優しい気持ちになる。

そういえば、一人暮らしをすると、
朝、会社につくまで、学校につくまで、
誰とも会話をしないことが多いのだけれど、
それって何か寂しい。
 
そういえば、
そんなことが、
当たり前になっていたんだなぁ。

5年目の発見。

明日も少し早起きしてみよう。