今回は「芸術の秋」のご紹介です。

先週末、上北沢区民センターで開催された文化祭に行ってきました。
どんな催し物があるのか楽しみにして。

区民センター入り口前に、手作り感たっぷりの立て看板があります。
入口へ通じる通路のショーウィンドウには、幼稚園生から中学生までの作品集が展示されていました。


bunnkasainokannbann2.jpg matuzawayouchienn.jpg 
立て看板。             あくせさりーやさん。


特に、松澤幼稚園生の作品が可愛かったですね。
5歳児がお店を作って、3、4歳児をお客さんとして迎えているという絵でした。
あくせさりーやさん、かばんやさん、たべものやさん、はなやさんなどなど、いろんなお店を開いたようですね。
自分も昔はこんな絵を描いてたんだろうな・・・・・なんて物思いにふけりながら中に入りました。

出迎えてくれたのは文化祭プログラム。


puroguramu4.jpg bunnkasaikaijou.jpg
プログラム。             ホール内。


社交ダンス、カラオケにシャンソンコンサート、お茶会などなど催し物が盛り沢山。
入ったのはちょうどお茶会が終わった頃でしたね。
隣のホールでは、シャンソンコンサートが始まったところでした。

ふと目に付いたのは、「新潟中越地震義援金」の文字。
義援金集めのために、野菜の販売をしていました。
売上金は、すべ新潟に送られるとのこと。

野菜の大盛り1袋200円で早い者勝ち!
あっという間に行列が出来たけど、今回は並ぶの止めました。
腐らすと野菜に悪いので。
募金の形でも良いけど、お得な野菜販売のような形にすると、お金も集めやすいですね。


さて、文化祭といえば芸術作品です。
会場内いたるところに、数多くの手作り作品が展示されていました。
とりあえず全部見てみようと思い、ホール内を1周しました。


sakuhinntenn.jpg koujkokuchirashidetukutta.jpg
                   チラシが原料のゴミ箱、鶴、カエル。
etegami.jpg 


リサイクル品(新聞紙、チラシ、ダンボールで作ったもの)や布ぞうり、水墨画や彫刻品、絵手紙やはぎれで作った絵、その他イラストなどなど。
サークル(上北沢幸友会や墨友会など)がいくつもあって、サークルごとに作品を展示していました。
どれもこれも手の込んだ作品ばかり。
軽く見て回るつもりが、30分ほど鑑賞してしまいました。

中でも見入ってしまったのはコレ。
「はぎれの会」から出展された作品です。


kouyouhagire.jpg
「紅葉」


「はぎれの会」とはその名の通り、布きれで絵を描く作品を作っている会です。
この他にも、水車や桜の絵など、とても綺麗な作品が並んでいました。

鑑賞する分にはいいけど、非常に手間がかかるものですね、これは。
僕もはぎれの絵のような細かい作業は好きなのですが、大体途中から気分が悪くなります。
目が疲れて、首や肩がこってきて・・・・・自分が作っている姿を想像して気分が悪くなるところでした。

出来上がりの姿を想像しながら作ると楽しいんですけどね。
気の遠くなる作業です。
根気が必要です。
そんな作品を作っている「はぎれの会」は素晴らしいと思います。
僕は会に入らなくていいです。
作品を鑑賞するだけでいいんです。


数ある作品集の中で一番印象に残ったのは、

「人生生きちょるだけでもうけもん」。


ikichorudakedemoukemonn.jpg


ホント、その言葉通りですね。
そんな風に思えたらいいのだけど、なかなか。
人間は自分に不幸が降りかかって初めて、それまでの幸せに気付くんですよね。
日々普通に生きていられることは、実は非常に幸せなことなんですね・・・。


少々感傷に浸ってしまいました。


そろそろ帰ろうと思って入り口まで戻ると、「上北沢桜並木会議」なるものを発見。


sakuranaminimini.jpg

上北沢の桜並木の保存を目的とした、有志の方たちで運営されている会です。
桜並木の維持保全に取り組み、それをきっかけとして「桜を見守るコミュニティー」を作ろうという取り組みだそうです。桜の木のケアや清掃活動、勉強会などをやっているみたいです。

春、上北沢3丁目の通りは桜のアーケードができるそうですね。
桜祭りも開催されたりして。
かなり賑わうようです。
上北沢の桜並木は、地域風景資産として世田谷区から選定されているとか。
話には聞いていたので、来年の春をとても楽しみにしています。

せっかくなので会議に参加しようと署名しました。
すると、早速メールを頂きました。
会議のホームページを作る予定があって、若い人にぜひ参加して欲しいということでした。

・・・・・作れない。

けど、何らかの形で参加できたらと思ってます。


区民センターの文化祭は、かなり年齢層の高い文化祭でした。
見事に、若い人は全然いませんでした。
ほぼ皆さん40歳代以上。
僕が一番若かったと思います。
ちょっと浮いてたかもしれない・・・。
けれど、たくさんの作品集を見て、心が洗われた感じがしました。

また来年も訪れてみたいですね。

次はシャンソンでも歌おうかな。