自転車があるとどこまででもいけていいですね。

久しぶりに晴れたので自転車で北にむかいました。


あまり北のほうはいけなかったのだけれど、ちょっと行くとたくさん学校があることに気がつきます。

公園が結構たくさんあることに気がつきます。

5軒ほどの小さい商店街があることに気がつきます。

いったことのない中華料理店があることに気がつきます。

複雑だと思っていた道の中にもまっすぐ通る道があることに気がつきます。


それは小学生くらいの女の子が教えてくれたまっすぐな道でした。

なんとなく

その女の子についていきたくなって、
少し遅いスピードで自転車を走らせます。

初めて通るその道は、
見たことのない別荘みたいな家がたくさん並んでいて、
人通りはほとんどなかったけれど、
きれいだった。

大きい道ではなかったけれど、
偶然にも私がたどり着きたかった場所にまっすぐたどりついていて、
久しぶりに当たりの道を見つけました。

幸せを感じました。

私の家の近くはとっても複雑な道が多くて、
ほとんど迷路だから、
だいたい行き止まりだったり、
全然行きたくない方向に曲がっていたり、
いつも悔しい思いをすることがほとんどなので、

たまにこういう道にめぐりあうとすごくうれしくなるのです。

だからまたこうして今日も違う道を探して迷路に迷い込むのだと思います。


そして、本当はそんな寄り道がとっても好きです。