東海道線の尼崎から外れ、福知山線で北上すること30分。
三田(さんだ)駅南の商店街を抜けていくと、武庫川の裏通りにぼんやり、寂しげな灯りがひとつ。
かつて人口増加率は日本一にまで上り詰めた三田市だが、
こと銭湯に関してはその発展ぶりとは対照に、もはや新地湯を残すのみとなっている。
 
小さくもの静かで、よけいな設備はなにひとつ見当たらない浴場。
地方とはいえ、洗い場の蛇口も片手に納まる数しかない簡素な造りだ。
しかし心惹かれるのはなんとも愛らしいひょうたん型の浴槽に、番台上の賑やかな提灯たち。
戦前の創業以来80年近く、ずっとこの姿のまま地元のお客さんを癒し続けてきた。
現在でも毎年暮れのマラソン大会では、多くの走者が訪れるともいう。
かの大震災にて大打撃を受けた兵庫の銭湯だが、
三田のあたりはまだ被害も小さく済んだらしい。
若干建て付けが悪くなった程度よ、とおかみさんは苦笑いする。
 
 
sannda_shinchiyu_01.jpg
 
sannda_shinchiyu_02.jpg
 
sannda_shinchiyu_03.jpg
 
sannda_shinchiyu_04.jpg
 
sannda_shinchiyu_06.jpg
 
 
 
○ 新地湯

住所 兵庫県三田市三田町1-5
電話 0795-62-2516
時間 16:00~23:00
定休日 水曜日