山手線の日暮里から舎人ライナーに乗り込み、北上する。
墨田川に荒川、都内きっての大河川を眺めながら揺られること数駅。
下車したのは、真新しい扇大橋駅だ。
 
 
adachi37_hoshiyayokusen_01.jpg
 
adachi37_hoshiyayokusen_02.JPG
 
adachi37_hoshiyayokusen_04.jpg
 
 
足立区北部の広大な住宅街、ライナーが開通するまでは
最寄りの伊勢崎線から何10分も歩かなければならなかったこの地域。
その最中の扇地区、緩く曲がった小道の最中に星谷浴泉がある。
 
創業は、昭和の36年。
地名が現在の「扇」ではなくまだこの地が「星谷」だったころ、
あたり一面田んぼのど真ん中に建てられたのがこの銭湯だ。
それを追うようにして目の前に米屋が建ち八百屋が建ち、
星谷浴泉を中心に現在の商店街が形成されていったのだそうな。
だがこの町をともに支えてきた商店も今ではそのいくつもがシャッターを下ろしたといい、
おかみさんも晴々とした顔を見せてくれない。
 
 
若い入浴客が、よほど珍しかったのだろうか。
冷蔵庫のお茶を番台へ持っていくと、
 いえ、お好きなものを飲んで頂きたくって?
 
お代を受け取ってくれそうな気配はない。
おかみさんが、どうしてそんなことを言うのか分からなかった。
だが栃木の祖母の姿がどこか重なったので、申し出は1度に留め、勢いよくその蓋を開けた。
 
 
adachi37_hoshiyayokusen_05.jpg
 
adachi37_hoshiyayokusen_06.jpg
 
adachi37_hoshiyayokusen_07.jpg
 
 
 
○ 星谷浴泉
 
住所 東京都足立区扇1?34?3
電話 03-3890-1786
営業 15:30~23:00
定休日 月曜