かつて都内でも屈指の色街として名を轟かせた、墨田区は東向島の一角。
その最もたる場所こそが、現代に残る"鳩の街商店街"だ。
表通りこそよく見る下町風情の商店街に様変わりしているものの、
一歩裏道に入り込めばそこはいづこのノスタルジー。
狭い路地にひしめくカフェー風の建築に、
多くの女性たちを抱えた当時の華やかさを偲ぶことができる。
 
 
murakumo_sumida_hatonomachi_04.jpg
 
murakumo_sumida_hatonomachi_01.jpg
 
murakumo_sumida_hatonomachi_05.jpg
 
 
ただそうして栄えたのも、50年以上も昔の話。
文豪たちも通ったかつてを思い起こさせる建物も、だいぶ少なくなったと聞く。
それでもこの色街が作り出した妖しく艶めかしい空気は今もなお、
松の湯に強かに息づいている。
 
 
sumida16_matsunoyu_01.jpg

sumida16_matsunoyu_003.jpg
  
sumida16_matsunoyu_03.jpg
 
sumida16_matsunoyu_07.jpg
 
sumida16_matsunoyu_02.jpg
 
 
 
○ 松の湯

住所 東京都墨田区東向島1?10?18
電話 03-3611-2459
営業 15:00~24:00
定休日 水曜


鳩の街

鳩の街(はとのまち)は現在の東京都墨田区向島と東向島の境界付近にあった赤線地帯。
日本人相手の特殊飲食店街(赤線)として発展した。(Wikipediaより引用)