世田谷の三軒茶屋と下北沢とを結ぶ、"茶沢通り"。
2つの町から1文字ずつを取った、三茶で最も賑わう通りのひとつである。
うねりながら北へ向かうこの通りは、両側のこまごましたお店散策が楽しくて仕方がない。
ゆっくり歩いて10分、「ゴリラビル」を越えたあたりでそろそろ周りの建物も低くなってくる。
商店街の賑やかさも薄れかかったころ、左手にのっぽな煙突が見えてくるはずだ。
 
青々とした空に、吸い込まれるような二重の破風。
今なお多くの古風な銭湯が残る三茶界隈にあって、清水湯は屈指の歴史を誇る。
戦後一度建て直しているものの、創業はなんと大正12年。
21世紀もそろそろ10年目だというのに、街並みと全く違和感を感じさせないのは
さすがの三茶ノスタルジーがなせる業だ。
清水湯はおかしいほどこの界隈に溶け込んで、誰一人として振り向きも見上げもしない。
 
表の茶沢通りでは、紫色のロングスカート姿の女性とすれ違う。
このあたりまで来ると、なんだかいつもの三茶とは
道行く人の雰囲気もまた違ってくる気がする。
ああ、そうだった。このすぐ先は、もう下北沢なのだった。
  
setagaya_taishido_shimizuyu_01.JPG    setagaya_taishido_shimizuyu_02.JPG   setagaya_taishido_shimizuyu_03.JPG     setagaya_taishido_shimizuyu_04.JPG   setagaya_taishido_shimizuyu_05.JPG
 
 
 ○ 清水湯
 住所 東京都世田谷区太子堂5-28-5
 電話 03-3414-4964 
 営業 15:00~23:30
 定休日 火曜