新小岩の雑多な駅前を抜けて旭湯に辿り着くと、
待っていたのはお湯のそれとはまた異なる水の香り。
 
 
mirakumo_edogawa_asahiyu_03.jpgのサムネール画像
 
mirakumo_edogawa_asahiyu_08.jpgのサムネール画像
 
mirakumo_edogawa_asahiyu_09.jpgのサムネール画像
 
 
まだ、営業開始よりだいぶ前だ。
誰もおらず、ぴしゃりと閉じられたままの入口の戸。
油照りの晴天に雨など降った記憶もないのだが、
玄関前だけが濡れているのは、ついさっきなされたばかりの打ち水によるものだ。
 
営業開始まで10分を切ると、常連さんが三々五々集まり出し世間話を始める。
きっと、少しでも彼らの涼を取るための店主の気遣いなのだろう。
8月の日ざしにうなだれ気味の朝顔もしぶきを被って、
少しばかり息を吹き返したように見える。
 
 
今宵は、近くで花火大会でもあるのだろうか。
艶やかな浴衣姿が、店の前を幾人か通り過ぎてゆく。
間もなく奥で物音がしたかと思うと、ガラガラと戸が開いておかみさんが出てくる。
はやる気持ちを抑え、掲げられたばかりの暖簾を潜った。
 
 
mirakumo_edogawa_asahiyu_07.jpgのサムネール画像
 
mirakumo_edogawa_asahiyu_02.jpgのサムネール画像
 
mirakumo_edogawa_asahiyu_01.jpgのサムネール画像
 
 
 
○ 旭湯
 
住所 東京都江戸川区松島4?28?11
電話 03-3652-1759
営業 15:30~24:00
定休日 8,18,28日(日曜の場合は前日休)