キックジムでの飲み会の翌日は、飲み過ぎたせいで二日酔い。
カーテンの隙間から差し込む光にも気付かずに、気が付けば時計の針は10時過ぎ。
遅めの朝食をいただくが、時間が経つにつれ妙にラーメンが食べたくなってくる。
練習の筋肉痛は当日にくるけれど、ラーメンの欲求が翌日というのはどうなんだ。
 
 
古着屋散策を兼ねて、中目黒へ向かう。
味噌辛ラーメンが売りの「キングコング」で腹ごしらえをした後、お気に入りのお店を見て回る。
 
 
一通り歩き回って向かった先は、東横線ガード下の"Per Gramme Market"を
左に曲がって、高架を潜るとすぐにある。
半地下にコインランドリーを構えたビルの2階が、光明泉だ。
 
 
komyosen03.jpg
 
 
komyosen02.jpg
 
 
閑静な町並みに溶け込んで、しばらく気が付かなかったビル銭湯。
駅も近いし、目黒川周辺の散策にも最適な位置取りだ。
中は白一色の中に市松模様が一周し、とても清潔な雰囲気。
入ってすぐ右に二人ぶんくらいの水風呂、左には90度強のサウナがある。
タイル絵はフランス風の田舎をバックにした貴婦人の姿で、
帽子・ベルト・靴と小物の赤がリズム良く並んでいる。
 
 
浴槽のタイルも、色がきれいだ。
右にはライトブルーのバイブラ湯、ジェット水流付きの青紫色の半寝湯、左にラベンダー色の深湯。
大きなラジウム石が埋められているそうで、さほど熱くはないが爽やかな汗を流すことができる。
 
 
大きな採光窓からは、"明"るい"光"がさんさんと降り注ぐ。
湯船に浸かっていると、となりの東横線の電車の音がガタタンゴトトン、心地よく響いてくる。
 
 
        *        *        *  
 
 
今日は近くの古着屋"6"でヴィンテージのバックルに一目惚れ、即決してしまった。
この界隈は小さくても個性的な古着屋が多く、いろいろ散策しながら歩くのが楽しい。
すぐ近くの代官山へ歩いていくのも良い。
駒沢通りの坂を登って、鎗ヶ崎交差点でパッと視界が開ける様はさらに良い。
街の空気が切り替わって、やってきたのだなあという思いが強く実感できるから。
  
 
穏やかな西日も、オレンジ色に傾いて。
いい具合に温まったし、そろそろ上がるとするか。
もう一度、東横線が通ったら。
 
 
 
    ~ 中目黒界隈 お気に入りの古着屋を紹介 ~
 
 
6.jpg

◆ 古着屋"6"。レジ隣の"EastWest"や"GANDALF"は必見

pick.jpg

◆ ヴィンテージアディダスや革靴の豊富な目黒川沿いの"Pick"

ruff%20bull.jpg

◆ "ruff bull"。ロックTが豊富、サイズが選びやすい
  
quarter.jpg
 
◆ 今回購入、アメリカクォーター硬貨のヴィンテージバックル

 
 
○ 光明泉

住所 東京都目黒区上目黒1?6?1
電話 03-3463-9793
営業 15:00~25:00
定休日 不定休