もうすぐ年越し。
年越しといえば思い浮かぶのは・・・・・・そば。

神田淡路町、靖国通りを少し入ったところの風情ある面構え。
ここ"まつや"のごまそばが大好きな私。
土間に黒いテーブル席、しっとり落ち着いた店内。
いつも混みあっていて相席は覚悟だけど、お向かいのご婦人と世間話が始まったりしてなかなか面白い。

つるつるでコシのあるお蕎麦に、ごまだれが非常によく合う。
七味を入れても、これまたうまい。
大盛りにすると、女子一人に丁度よい量。
そして、〆の蕎麦湯が最高にうまい。 お蕎麦とごまの香りで癒されるような感じだ。
通常の盛り蕎麦も、しょっぱくて江戸っぽさを楽しめますが、おすすめはやっぱりごまそば。

神田の三大そば(まつや、やぶそば、松扇)の中でどこが一番かと聞かれたら、ここのごまそばを挙げてしまうぐらい、好きである。(ちょっと邪道では、と言われてしまいそうだが。)

大晦日も、21:30までに「並べば」入れるそう。
なんとも人気のある、江戸の味なのだ。

ちなみに、ここも池波正太郎氏おなじみの店。
氏がいつも座っていたという席もあり、ファンの人は喜んで掛けていくんだそうな。

matsuya_gomasoba.jpg

matsuya02.jpg

matsuya03.jpg

 神田まつや
東京都千代田区神田須田町1-13
03-3251-1556
月~金 11:00~20:00   土・祝 11:00~19:00
http://www.kanda-matsuya.jp/