ubc_flyer.jpg

気付いたら読書の秋がやって来ていた。

半年に一度、東京古書会館の地下で行われている
アンダーグラウンド・ブック・カフェ[地下室の古書展]

古書の競売が行われている「東京古書会館」。
普段は一般の人は立ち入ることができないのだが、そんな会館の地下を開放し、
飲み物をいただきつつ、本や雑貨、ギャラリーを見て楽しめるイベント。
詳細はこちら

ずっと前からかっこいいイベント名だけは知ってたのだが、
気付いたら終了したりしていたので、今回はちゃんと行こうと思います。

古書の販売はもちろん、
11/17で閉店してしまう地方出版やミニコミを取り扱う新刊書店、「書肆アクセス」さんのフェアや、本関係や文具の雑貨販売も気になるところ。
たばこ"hi-lite"のデザインで有名な、デザイナー和田誠氏の展示やトークショーもみられるし、15日は落語も聞ける。
と、内容盛りだくさんで、なかなか楽しみだ。

日曜は降りているシャッターが多めだったりする神保町だけど、今週末・来週始めは地下でひっそりとうごめく神保町へ足を運んでみてはどうだろう。

くわえて13日には、靖国通り沿い、三鈴堂眼鏡店(ジョン・レノンのポスターのあるレトロな眼鏡屋さん)となりに、観光案内所「本と街の案内所」として十一軒長屋という近代建築が復活するという話。
これ、ぜひついででもいいので見ておくことをおすすめ。

10/26~11/1には古本まつり、27,28日には・ブックフェスティバルもあるし、秋は楽しみな行事が多いな・・・。
体がもたないかも。

 

アンダーグラウンド・ブック・カフェ[地下室の古書展]
日時:2007年10月14日(日)~16日(火)
午前10時~午後6時30分
場所:東京古書会館地下ホール
東京都千代田区神田小川町3-22
http://underg.cocolog-nifty.com/tikasitu/