JR神田駅西口や北口周辺のあちこちの電柱でどぜうの文字を見かけたことありませんか?
見つけたら・・・矢印の示す方へレッツゴー! これなら、方向オンチの私も迷わないですむというものです(苦笑
実は淡路町・小川町駅が最寄です。 淡路町の交差点のみずほ銀行から南に向かって歩き、さくら水産の手前で右折。黄色い看板の居酒屋駒忠で左折してすぐ。
mimasuya_denchu.jpg
見えてきたるは、昔懐かしい赤ちょうちんに、縄のれん。 前面の壁一面が銅版仕立ての看板建築のたてもの。
明治三十八年の創業以来、震災での消失をのりこえ、戦火に耐え抜いてきた伝説の老舗居酒屋、みますや
mimasuya.jpg

ここは夜もおいしいのだが・・・ランチもやっている。
ここの塩サバが劇的においしく、時々むしょうに食べたくなる。
一人縄のれんをくぐると、昔懐かしいたたずまい。 三和土(たたき)の土間に大テーブルがいくつか並んでいる。右手には入れ込みの座敷に神棚。 奥にも座敷がいくつかあり、右側の座敷の壁のむこうにもテーブル席がたくさんあるので、外観より中は広く感じられる。
mimasuya_interior_01.jpg mimasuya_interior_02.jpg
お昼の定食は750円、セルフサービス方式になっている。
お店の奥で、お水かお茶・好きな主菜一品・副菜一品を選び、みそ汁・お漬物・ご飯をもらい、お勘定をする。
店の人に「今日はイワシの煮たのだけしかないけどいい?」と聞かれ、塩サバがないのはちょっと残念だが、イワシもきっと旨いんだろうなぁ・・・、と思い、OKをする。
イワシの煮物も最後の一皿だった。もう最後の客なので、「おかず(副菜)2つ取っていいよー」と言われ、きんぴらと野菜の煮物をいただいた。
お勘定の前にもらうご飯。女性客は「普通盛りにする?少なめにする?」とお店のおじさんに聞かれる。少なめにするかと聞かれて、大盛りとは答えづらく、いつも普通盛りにしてしまう。

土間の大テーブルの、縄のいすに腰かける。
mimasuya_teishoku.jpg
お水の入ったサントリーの小さなビールグラスは、獅子のようなかっこいい赤いイラストが入っている。グラスのふちの金がちょっと欠けている。ガラスもちょっとにごった色だ。 食器たちもはしが欠けていたりする。 一体いつから使われ続けているんだろう。 流行りのレトロな飲食店数あれど、その店で本当に使われ続けてきたものにはかなわない。 お店の歴史を物語っている。

イワシは、みますや独特のちょい甘めの味付け、よく煮込んであり、骨も全部食べられるくらいにやわらかかった。
やはり、ここのおかずはご飯がすすむ。 しかも店の雰囲気がよいからなおさらだ。 食欲がなくても、大盛りにしたくなってしまうぐらいだ。
きんぴらも、これぞきんぴらという甘辛のバランスだ。だけど相当な味の濃さ。 ご飯がまたしてもとまらない。
野菜の煮物も、やっぱり甘めでとても濃い味。
やっぱりご飯を大盛りにしておけばよかった、と思うこばえもんであった・・・。
うまいもんを食べながら、時代もののあかりや店内の調度品や壁などを見ていると、神田にいてよかった、はては日本人でよかったなあ、としみじみ思うのである。(もしかしてオヤジ・・・とか言わないでね)

他の定食は、私一押しの塩サバ、牛煮込み、焼き魚(鮭やサンマなど)・煮魚など、毎日5種類くらい、その時々の旬のおいしいものがある。 煮込み以外は魚がメインのよう。
副菜は、野菜などの煮物や冷奴、納豆、カレーなどがある。 主菜の味が濃いので、副菜は薄味の冷奴や納豆にするのがオススメかも。
プラス50円で卵つき、プラス100円でご飯大盛りにできる。



ところでここはも、めちゃめちゃうまい。
お酒は、日本酒・焼酎がメイン。地酒が多い。とっくりもお店のオリジナル。
どぜうの煮物、さくら刺し、ふぐの唐揚げ、ぬた、つまみもとにかく何でもうまい上に、大体が500円前後、高そうなものでもほとんどが1000円以下。
夜にお客のオジサンが、「いやぁ~、こんなにいい店は他にない!!」と感激しながら店を出て行ったのを覚えている。
ただここに来るときは、相席や他のお客さんに話しかけられる場合もあること、混み合うので予約しておいた方がいいということを覚悟する必要あり。
客層いいから問題ない、というかむしろ楽しいと思うけどね! お客はほとんどが40~50代の人だと思う。 若い娘どころか、若い人、皆無。(笑)
なので、相席したオジサマに「お若いのに、いい眼をしてるね!若い人がこういう昔ながらのお店を知ってくれるのはとってもいいことだ!」とお褒めの言葉をいただきました。 とはいっても、賑やかな雰囲気なので若者でも全然気兼ねせずに入れると思います。
今度はお燗を楽しみに、行こうかしらん。

みますや
営業時間 11:30~13:30(ランチ)、17:00~23:00(22:30L.O.)
休業日 日曜・祝日
東京都千代田区神田司町2-15 
TEL 03-3294-5433