チェコ・ドイツを列車で一週間旅してきました。

乗り換えの空き時間にスケッチをして、
チェコのKOH-I-NOOR(コヒノール)色鉛筆で色をつけるとあら不思議。
欧州風の絵に仕上がりました。



フランクフルトの街にて





おそらく現地在住の日本人。
前髪パッツンのおかっぱがよく似合っていました。
逆に異国情緒を感じました。



チェコ・プラハの街にて





チェコではロシア系の顔立ちの人を多く見かけました。
黒髪に濃いメイクが印象的です。



ミュンヘン市庁舎の広場にて





髪を激しく染めた若い女の子。
原宿の女の子と引き合わせてあげたいです。



ドイツ国営鉄道DBにて





通路で黄昏れる女性車掌。
髪を短く切り、たくましい印象でした。

電車を降りる間際、別の車掌が切符の確認をしようと私に近づいてきたときに
「その子の切符は切ったっつーの!」と助けてくれました。



ミュンヘンのビアホールにて





1Lのビールをがぶ飲みする若者と、逆三角形のたくましい肉体のウェイター。

ウェイターは頼んだビールをドン!と音を立てるように置いて行くのです。

若者は会話の途中途中でかけ声を出してがぶがぶ飲むのです。
負けていられません。

翌日は二日酔いでした。



フランクフルト空港にて





あの女の子はパリジェンヌ間違いなし。
髪をおだんごにしてるしあのスパッツの着こなし。
それにパリ行きの飛行機を待っているもの。

向かいに座っためがねの女の子はオランダ行きの飛行機を待つ。
サンドウィッチを食べてMacを開いて作業中。

なんだかそれだけでカッコいいなあ。



アムステルダム空港にて





のんきな東京人だこと。(washizukami)