皆様今晩は。


豆芝でございます。


 


 


さて、


大正時代には関東大震災


昭和になっては戦争による被害が甚大であり、


どこまでも焼失した荒野から、


人々の努力によって復興の歴史を歩んできた墨田区。


 


曳舟駅におりたった私をいきなりノスタルジックな空気で


迎えてくれました。


後先を顧みず飲み明かした昨晩の、いや今朝の?


自分を恨みつつ


ヨタヨタと歩き始めたわけであります。


 


鳩の街商店街はぜひとも狙い撃ちしてゆきたいところ。


いったい昭和に迷い込んだような感覚です。


 


そこに現るは


"アート&カフェ  こぐま"



mame.koguma03.jpg


昭和二年築というオソルベシ歴史をもったこの建物。


もとは薬屋さんだったそうな。


いまも店内からその面影をしのぶことが出来たりします。


 


 



mame.koguma01.jpg


 


 


 


陶器なども販売していらして、店主様のアイディアとセンスが


存分に個性的にそして涼やかに表現されておりました。


カレーをはじめとした御食事がおすすめだそうなのですが、


二日酔いにて食セズ・・・今度必ずや!


 


 


 



mame.koguma02.jpg


 


とても優しい気持ちになれます。いろいろ助かります。


古いものが沢山あるので、昭和好きの方は是非。


和服姿の素敵なお兄さんが優しく迎え入れてくださいます。


ひんやりして、しみじみして、まるで別世界でございますよ。


 



mame.hato01.jpg


 


 


いつまでも続いていそうで、


今にも行き止まっちまいそうな路地みち。


 


継接ぎのコンクリートが道案内をしてくださっているように


ぽこぽこ続いているのがおもしろくって。


風鈴の音が其処彼処から聞こえて、豊満に実った酸漿の


美しい筋についつい見とれてしまうのですよ。


目を凝らすと向こうからカツヲがただいまー!と


走ってきそうな こなそうな。


 


古いものが古いものとして堂々と残っていることが


素晴らしい。そして何だか懐かしい。


 


 


ただいま。


と云ってみたい方は是非。


 


 


ではごきげんよう。


 


*アート&カフェこぐま*


墨田区東向島1-23-14


03-3610-0675


火 水  休